お知らせ 2月17日(月) 未明04:10-04:50,決済代行サービス業者のサーバメンテナンスのため,発表参加費・聴講参加費・年間登録費・ダウンロード権の支払い(クレジットカード/請求書)ができません.発表申込,原稿アップロードなど,他の機能については問題ありません.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-08-29 15:50
改良型ConvLSTMを用いた動画からの表情認識手法の提案
三好 遼中京大)・長田典子関西学院大)・橋本 学中京大MVE2019-12
抄録 (和) 本研究では,勾配消失の抑制および,より古い情報を利用するために,従来のConvLSTMの時空間方向それぞれにskip connectionを導入した改良型ConvLSTM,およびこれを用いた動画からの表情認識手法を提案する.提案手法は,2つのEnhanced ConvLSTMストリームと2つのResNetストリームから構成される.Enhanced ConvLSTMストリームでは,細かい動きの特徴の抽出,ResNetストリームでは,大きな動きの特徴を抽出する.実験では,skip connectionの有無による認識率の比較,および提案する表情認識手法と従来手法の認識率を比較した.ConvLSTMにskip connectionを導入することにより,認識率が4.44%向上した.また,提案する表情認識手法の認識率は45.29%であり, 従来手法より2.31%認識率が高いことが示された. 
(英) We propose an enhanced convolutional long short-term memory (ConvLSTM) algorithm, i.e., Enhanced ConvLSTM, by adding skip connections in the spatiotemporal directions to conventional ConvLSTM to suppress gradient vanishing and use older information and We propose a method that uses this algorithm to automatically recognize facial expressions from videos. The proposed facial expression recognition method consists of two Enhanced ConvLSTM streams and two ResNet streams. The Enhanced ConvLSTM streams extract features for fine movements, and the ResNet streams extract features for rough movements. We conducted experiments to compare a method using ConvLSTM with skip connections and a method without them. A method using Enhanced CovnLSTM had a 4.44% higher accuracy than the a method using conventional ConvLSTM. Also the proposed facial expression recognition method achieved 45.29% accuracy, which is 2.31% higher than that of the conventional facial expression recognition method.
キーワード (和) 表情認識 / convolutional LSTM / skip connection / / / / /  
(英) facial expression recognition / convolutional LSTM / skip connection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 190, MVE2019-12, pp. 37-42, 2019年8月.
資料番号 MVE2019-12 
発行日 2019-08-22 (MVE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MVE2019-12

研究会情報
研究会 MVE  
開催期間 2019-08-29 - 2019-08-30 
開催地(和) 名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー 
開催地(英)  
テーマ(和) サービスデザインと魅力,食体験,メディアエクスペリエンスおよび一般(CEA,AC協賛) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MVE 
会議コード 2019-08-MVE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 改良型ConvLSTMを用いた動画からの表情認識手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of Facial Expression Recognition Method from Video Using Enhanced ConvLSTM 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 表情認識 / facial expression recognition  
キーワード(2)(和/英) convolutional LSTM / convolutional LSTM  
キーワード(3)(和/英) skip connection / skip connection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三好 遼 / Ryo Miyoshi / ミヨシ リョウ
第1著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長田 典子 / Noriko Nagata / ナガタ ノリコ
第2著者 所属(和/英) 関西学院大学 (略称: 関西学院大)
Kwansei Gakuin University (略称: Kwansei Gakuin Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 学 / Manabu Hashimoto / ハシモト マナブ
第3著者 所属(和/英) 中京大学 (略称: 中京大)
Chukyo University (略称: Chukyo Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-08-29 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MVE 
資料番号 IEICE-MVE2019-12 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.190 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MVE-2019-08-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会