電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-08-28 13:50
ドップラーシフトを利用したリモート水温計の提案
田中正吉野村英之鎌倉友男電通大
抄録 (和) 海水中の水温分布は,音波伝搬の解析や地球環境を監視する上で不可欠な情報である.また,水温分布は効率的な漁業を行う上でも非常に役立つ情報である.現状の水温測定は,プローブと呼ばれる計測器を海中に沈めて海中の水温を直接測定する方法が取られている.しかし,これらの投下式プローブを使った測定方法は,測定に時間,労力および維持経費がかさむ.また,投げ捨て式のものは海洋環境の汚染の原因になる.そこで本稿では,海中の微小浮遊物(プランクトン,マリンスノーなど)から反射して帰ってくる超音波信号のドップラーシフトを利用したリモート水温測定方法を提案し,その実現性について考察する. 
(英) Water temperature distribution in sea water is essential information for analysis of sound wave propagation and monitoring of the global environment. It is also very useful information for efficient fishing. In the current water temperature measurement, the methods measuring the water temperature are taken by immersing a measuring instrument called a probe in the sea. However, the conventional measurement methods using the probes require time, labor and maintenance cost. In addition, throwing-away types may cause pollution of the marine environment. From this kind of circumstance, we discuss the feasibility of a remote water temperature measurement method using the ultrasonic signals that are Doppler-shifted by micro matter such as plankton and marine snow floating in the actual sea.
キーワード (和) ドップラーシフト改善計算式 / ドップラー流速計 (ADCP) / 相関流速計 (ACCP) / リモート水温計 / / / /  
(英) Improved Doppler shift equation / Acoustic Doppler current profiler (ADCP) / Acoustic correlation current profiler(ACCP) / Remote water thermometer / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 184, US2019-39, pp. 11-16, 2019年8月.
資料番号 US2019-39 
発行日 2019-08-21 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2019-08-28 - 2019-08-28 
開催地(和) 東京工業大学 大岡山キャンパス 
開催地(英)  
テーマ(和) 水中音響,一般 (共催:海洋音響学会) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2019-08-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ドップラーシフトを利用したリモート水温計の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) New Remote Water Thermometer Using Ultrasonic Doppler Shift 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ドップラーシフト改善計算式 / Improved Doppler shift equation  
キーワード(2)(和/英) ドップラー流速計 (ADCP) / Acoustic Doppler current profiler (ADCP)  
キーワード(3)(和/英) 相関流速計 (ACCP) / Acoustic correlation current profiler(ACCP)  
キーワード(4)(和/英) リモート水温計 / Remote water thermometer  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 正吉 / Shokichi Tanaka / タナカ ショウキチ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 英之 / Hideyuki Nomura / ノムラ ヒデユキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌倉 友男 / Tomoo Kamakura / カマクラ トモオ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-08-28 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2019-39 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.184 
ページ範囲 pp.11-16 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2019-08-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会