電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-08-28 16:10
VANETを利用した災害時避難情報拡散手法 ~ 東日本大震災の経験を踏まえた避難情報の迅速共有の重要性 ~
市川公太ガジェゴス アルベルト野口 拓立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年, 車両アドホックネットワーク(Vehicular Ad-hoc NETwork:VANET)の災害時への利用の期待が高まっている. 東日本大震災では通信インフラが大きな障害を起こし, 津波の情報が避難者に行き届かず避難が遅れるという問題が生じた. また, 観光客は土地勘がなく, 避難所を把握することが難しいと考えられる.本稿では,情報拡散車両を設け,避難所を伝達する,避難情報拡散システムを提案する. さらに, 避難情報をより迅速に拡散できるよう情報拡散車両の動きを制御したエリア分割モデルと車両の混雑を避ける誘導方法の遠回り誘導モデルを提案する. 各方式をシミュレーションソフトを用いて比較実験を行い, VANETを用いて避難情報を迅速に拡散できる方式を明らかにする. 
(英) In recent years, the need of Vehicular Ad-hoc Networks (VANETs) during disasters has increased. For example, during the Great East Japan Earthquake telecommunication infrastructure had a major failure and the information on the tsunami did not reach the evacuees causing major delays to the evacuation. Additionally, tourist had a hard time understanding the instructions given in the evacuation sites. In this paper, we propose an information diffusion system to provide information between vehicles and the evacuation sites. Furthermore, we use an area division model in which the transmission of information between vehicles is controlled such that we can quickly spread the evacuation information and reduce the congestion of the streets near evacuation sites. We propose a roundabout guidance model that avoids guidance methods. We conducted comparative experiments using simulation software to evaluate our proposed a method to quickly spread evacuation information using VANETs.
キーワード (和) 自動車アドホックネットワーク / 津波避難シミュレーションモデル / マルチエージェント システム / / / / /  
(英) VANET / Tsunami Evacuation Simulation Model / Multi-Agent Systems / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 183, CQ2019-87, pp. 153-157, 2019年8月.
資料番号 CQ2019-87 
発行日 2019-08-20 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2019-08-27 - 2019-08-28 
開催地(和) 函館アリーナ 
開催地(英) Hakodate arena 
テーマ(和) 無線通信における機械学習,AI,6G/beyond 5G,LPWA,ドローンネットワーク,スペース通信,海中通信,無線ネットワーク,無線通信のQoS・QoE,無線リソース割当,無線伝送品質,アドホックネットワーク,IoT/M2M,一般 
テーマ(英) Machine Learning in Wireless Communication, AI, 6G/Beyond 5G, LPWA, Drone Network, Space Comminication, Underwater Communication, Communication, QoS and QoE in Wireless Communication, Wireless Resource Allocation, Wireless Transmission Quality, Cross layer Technology, Ad-hoc Network, IoT/M2M, Wireless, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-08-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) VANETを利用した災害時避難情報拡散手法 
サブタイトル(和) 東日本大震災の経験を踏まえた避難情報の迅速共有の重要性 
タイトル(英) Optimal spreading of disaster warnings using VANETs 
サブタイトル(英) Importance of quick sharing of evacuation information based on the experience of the Great East Japan Earthquake 
キーワード(1)(和/英) 自動車アドホックネットワーク / VANET  
キーワード(2)(和/英) 津波避難シミュレーションモデル / Tsunami Evacuation Simulation Model  
キーワード(3)(和/英) マルチエージェント システム / Multi-Agent Systems  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 市川 公太 / Kota Ichikawa / イチカワ コウタ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan Univercity (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ガジェゴス アルベルト / Alberto Gallegos / ガジェゴス アルベルト
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan Univercity (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 拓 / Taku Noguchi / ノグチ タク
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan Univercity (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-08-28 16:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2019-87 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.183 
ページ範囲 pp.153-157 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CQ-2019-08-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会