電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-08-28 15:50
電池残量を考慮した複数機UAVによる協調観測システム
勝島大輔ガジェゴス アルベルト野口 拓立命館大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,災害現場での捜索や情報収集,観測など様々な用途での利用が期待されている無人航空機UAVは,観測エリアの限界やバッテリー切れの問題が存在する.
本稿ではこれらの問題点を解決するために,電池残量を考慮した複数機UAVによる協調観測システムを提案する.提案手法を用いることで広範囲の観測とバッテリーによる連続観測時間の問題解決を目指す. 
(英) In a near future, UAV (Unmanned Aerial Vehicle) are expected to be used in various applications such as search and rescue in disaster areas, information collection, and observation. However, these applications are limited by the size of the areas they can cover as well as the battery constraints of the UAVs in which they are deployed.
In order to solve these problems, we propose an energy aware cooperative observation system using UAVs. Using the proposed method, we aim to solve both problems, the UAV battery exhaustion problem and the limited UAV coverage area.
キーワード (和) 災害 / 情報収集 / UAV / バッテリー / 無線センサネットワーク / / /  
(英) Disaster / Information Gathering / UAV / Battery / Wireless Sensor Network / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 183, CQ2019-86, pp. 147-152, 2019年8月.
資料番号 CQ2019-86 
発行日 2019-08-20 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2019-08-27 - 2019-08-28 
開催地(和) 函館アリーナ 
開催地(英) Hakodate arena 
テーマ(和) 無線通信における機械学習,AI,6G/beyond 5G,LPWA,ドローンネットワーク,スペース通信,海中通信,無線ネットワーク,無線通信のQoS・QoE,無線リソース割当,無線伝送品質,アドホックネットワーク,IoT/M2M,一般 
テーマ(英) Machine Learning in Wireless Communication, AI, 6G/Beyond 5G, LPWA, Drone Network, Space Comminication, Underwater Communication, Communication, QoS and QoE in Wireless Communication, Wireless Resource Allocation, Wireless Transmission Quality, Cross layer Technology, Ad-hoc Network, IoT/M2M, Wireless, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-08-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電池残量を考慮した複数機UAVによる協調観測システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Energy Aware Cooperative Observation System using UAVs 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 災害 / Disaster  
キーワード(2)(和/英) 情報収集 / Information Gathering  
キーワード(3)(和/英) UAV / UAV  
キーワード(4)(和/英) バッテリー / Battery  
キーワード(5)(和/英) 無線センサネットワーク / Wireless Sensor Network  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 勝島 大輔 / Daisuke Katsushima / カツシマ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) ガジェゴス アルベルト / Alberto Gallegos / ガジェゴス アルベルト
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 拓 / Noguchi Taku /
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-08-28 15:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2019-86 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.183 
ページ範囲 pp.147-152 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2019-08-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会