お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-08-27 15:15
リスクアセスメントに応用可能な行動分析学的介入の一例
北條理恵子梅崎重夫清水尚憲労働安全衛生総研SSS2019-15
抄録 (和) 現在,人と機械の協調作業が増加し,人の行動の制御と予測が労働安全を実現するうえで重要になりつつある.さまざまな安全方策やリスクアセスメントの妥当性及び有効性検証が考案されているが,直接人の行動を測定することができ,リスクアセスメント等に適用可能であると思われる「行動分析学」を紹介する.行動分析学は,作業効率の改善,注意力や安全行動の強化及び不安全行動の削減に有効であるとともに,現行のリスクアセスメントの定量的な評価や,客観的な有効性検証にも応用可能である. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 行動分析学 / 労働安全 / / リスクアセスメント / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 182, SSS2019-15, pp. 15-18, 2019年8月.
資料番号 SSS2019-15 
発行日 2019-08-20 (SSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SSS2019-15

研究会情報
研究会 SSS  
開催期間 2019-08-27 - 2019-08-27 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英)  
テーマ(和) 安全性一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SSS 
会議コード 2019-08-SSS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リスクアセスメントに応用可能な行動分析学的介入の一例 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An example of application of behavioral analysis for risk assessment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 行動分析学 /  
キーワード(2)(和/英) 労働安全 /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) リスクアセスメント /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 北條 理恵子 / Rieko Hojo /
第1著者 所属(和/英) 労働安全衛生総合研究所 (略称: 労働安全衛生総研)
International Occupational Safety and Health, Japan (略称: joins)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅崎 重夫 / Shigeo Umezaki /
第2著者 所属(和/英) 労働安全衛生総合研究所 (略称: 労働安全衛生総研)
International Occupational Safety and Health, Japan (略称: joins)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 尚憲 / Shoken Shimizu /
第3著者 所属(和/英) 労働安全衛生総合研究所 (略称: 労働安全衛生総研)
International Occupational Safety and Health, Japan (略称: joins)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-08-27 15:15:00 
発表時間 35 
申込先研究会 SSS 
資料番号 IEICE-SSS2019-15 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.182 
ページ範囲 pp.15-18 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-SSS-2019-08-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会