電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-08-23 09:10
[招待講演]外部共振器型多波長レーザを用いたグリッドレスWDMシステム
増山 圭白尾瑞基大畠伸夫三菱電機)・西山伸彦東工大)・長谷川清智三菱電機R2019-27 EMD2019-25 CPM2019-26 OPE2019-54 LQE2019-32
抄録 (和) 情報のクラウド化に伴いデータセンタ内にトラフィックが集中し、より高速で大容量な光通信機器が絶えず求められている状況である。光通信方式の大容量化に対するアプローチとして、ボーレートの高速化、多値化、および波長の多重化が進んでいる。短距離では安価にシステムを構築できる強度変調・直接検波(IMDD)方式が用いられており、例えば2km伝送においては、100Gb/sでは25GBaud×NRZ×4波長多重方式が採用され、400Gb/sでは53Gbaud×PAM4×4波長多重の方式が本命視されている。
ビヨンド1Tb/sの変調方式では、更なる高速化として100GBaud級の高ボーレートに加えて、波長多重数に伴い複雑化するアセンブリを低コストに実現する必要がある。本講演ではこれらの実現に向けたあるべき技術について議論する。 
(英) Higher and large-capacity optical communication equipment is required in the data center due to data traffic concentration for cloud system. In order to increase the transmission capacity, the baud rate, number of multi-level and wavelength multiplexing are increasing. The intensity modulation / direct detection (IMDD) method which can easily construct the system is used in the short reach applications. For 2 km reach system, 100Gb/s is realized by 25 Gbaud × NRZ × 4-wavelengths multiplexing and one of the most promising 400 Gb/s is realized by 53 Gbaud × PAM4 × 4-wavelength multiplexing.
With the beyond 1 Tb/s scheme, it is necessary to realize complication assembly due to increase the number of wavelength with low cost in addition to realization of a high baud rate of 100 Gbaud. In this presentation, we discuss the technologies that should be.
キーワード (和) 400Gb/s / ビヨンドTb/s / WDM / 多波長レーザ / / / /  
(英) 400Gb/s / Beyond Tb/s / WDM / Multi-wavelength Laser / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 173, LQE2019-32, pp. 39-42, 2019年8月.
資料番号 LQE2019-32 
発行日 2019-08-15 (R, EMD, CPM, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2019-27 EMD2019-25 CPM2019-26 OPE2019-54 LQE2019-32

研究会情報
研究会 LQE OPE CPM EMD R  
開催期間 2019-08-22 - 2019-08-23 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究 本館オープンセミナールーム(M153) 
開催地(英)  
テーマ(和) 受光素子,変調器,光部品・電子デバイス実装・信頼性,及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LQE 
会議コード 2019-08-LQE-OPE-CPM-EMD-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 外部共振器型多波長レーザを用いたグリッドレスWDMシステム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Grid Free WDM System Using External Cavity Multi-Wavelength Laser 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 400Gb/s / 400Gb/s  
キーワード(2)(和/英) ビヨンドTb/s / Beyond Tb/s  
キーワード(3)(和/英) WDM / WDM  
キーワード(4)(和/英) 多波長レーザ / Multi-wavelength Laser  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 増山 圭 / Kei Masuyama / マスヤマ ケイ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 白尾 瑞基 / Mizuki Shirao / シラオ ミズキ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大畠 伸夫 / Nobuo Ohata / オオハタ ノブオ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 西山 伸彦 / Nobuhiko Nishiyama / ニシヤマ ノブヒコ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 清智 / Kiyotomo Hasegawa / ハセガワ キヨトモ
第5著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-08-23 09:10:00 
発表時間 15 
申込先研究会 LQE 
資料番号 IEICE-R2019-27,IEICE-EMD2019-25,IEICE-CPM2019-26,IEICE-OPE2019-54,IEICE-LQE2019-32 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.169(R), no.170(EMD), no.171(CPM), no.172(OPE), no.173(LQE) 
ページ範囲 pp.39-42 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-R-2019-08-15,IEICE-EMD-2019-08-15,IEICE-CPM-2019-08-15,IEICE-OPE-2019-08-15,IEICE-LQE-2019-08-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会