電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-08-23 16:45
複数の主観評定を付与した人システム間マルチモーダル対話データの収集と分析
駒谷和範阪大)・岡田将吾北陸先端大HCS2019-33
抄録 (和) 話すこと自体が目的となるような対話では,ユーザが明示的に話す言語内容だけでなく,システムがユーザの微細なふるまいも捉えて対話を続けられることが望ましい.本発表では,2018 年度に実施したデータ収集について紹介する.30 名の参加者とのWizard-of-Oz 法による対話において,その映像やKinect による姿勢情報などを収集した.さらに,参加者の事前の期待と事後の印象を捉えるべく,対話の前後に実施したアンケートの分析結果についても触れる. 
(英) Dialogue systems need to capture not only the verbal content that the user explicitly speaks but also the subtle behaviors of the user, especially in a dialogue where the purpose is "to talk" itself, in order to continue the dialogue. We present data collection conducted in FY2018. The video data and other information such as the postures recorded by Kinect were collected during dialogues by the Wizard-of-Oz method with 30 participants. We also show the analysis results of the questionnaires conducted before and after the dialogues in order to see the participants' prior expectations and subsequent impressions.
キーワード (和) 対話システム / 社会的信号処理 / マルチモーダル / データ収集 / 事前と事後との差 / / /  
(英) dialogue system / social signal processing / multimodal / data collection / difference between before and after dialogues / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 179, HCS2019-33, pp. 21-26, 2019年8月.
資料番号 HCS2019-33 
発行日 2019-08-16 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2019-33

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2019-08-23 - 2019-08-24 
開催地(和) 滋慶医療科学大学院大学 
開催地(英) Jikei Institute 
テーマ(和) 社会的信号処理のための学際研究,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2019-08-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数の主観評定を付与した人システム間マルチモーダル対話データの収集と分析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Collection and Analysis of Human-System Multimodal Dialogue Data with Subjective Ratings 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 対話システム / dialogue system  
キーワード(2)(和/英) 社会的信号処理 / social signal processing  
キーワード(3)(和/英) マルチモーダル / multimodal  
キーワード(4)(和/英) データ収集 / data collection  
キーワード(5)(和/英) 事前と事後との差 / difference between before and after dialogues  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 駒谷 和範 / Kazunori Komatani / コマタニ カズノリ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 将吾 / Shogo Okada /
第2著者 所属(和/英) 北陸先端科学技術大学院大学 (略称: 北陸先端大)
Japan Advanced Institute of Science and Technology (略称: JAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-08-23 16:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2019-33 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.179 
ページ範囲 pp.21-26 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2019-08-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会