電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-08-23 13:35
光ファイバ型ひずみセンサの偏波依存性
倉持亮太松田健太郎長瀬 亮千葉工大)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 光ファイバセンサは長距離通信,耐電磁ノイズ,耐サージに優れていることから電気式計測技術の代わりに様々な場所で研究,実用化が進んでいる.現在普及しているセンサは,高精度な反面,高コストになってしまう.この研究の目的として, 光ファイバにある程度の曲率が与えられると曲げ損失が発生することを用いて,低コストでひずみを測定できるセンサを作製することである.本論文では作製したセンサの偏波依存性について検討した. 
(英) In the industrial field, there are many types of electrical remote sensing technology that use strain gauges. However, sometimes sensing requirements do not suit the use of electronic wiring because of the possibility of surge current generation. The purpose of this research is to create a sensor that can measure strain at low cost using bending losses of optical fiber. In this paper,we measured the polarization dependent loss of a bending fiber type optical sensor.
キーワード (和) 光ファイバ / 偏波依存性 / ひずみセンサ / 曲げ損失 / / / /  
(英) Optical fiber / PDL / Strain sensor / Bending loss / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 170, EMD2019-32, pp. 71-74, 2019年8月.
資料番号 EMD2019-32 
発行日 2019-08-15 (R, EMD, CPM, OPE, LQE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 LQE OPE CPM EMD R  
開催期間 2019-08-22 - 2019-08-23 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究 本館オープンセミナールーム(M153) 
開催地(英)  
テーマ(和) 受光素子,変調器,光部品・電子デバイス実装・信頼性,及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2019-08-LQE-OPE-CPM-EMD-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光ファイバ型ひずみセンサの偏波依存性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Polarization dependent loss of fiber optic strain gauge 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバ / Optical fiber  
キーワード(2)(和/英) 偏波依存性 / PDL  
キーワード(3)(和/英) ひずみセンサ / Strain sensor  
キーワード(4)(和/英) 曲げ損失 / Bending loss  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 倉持 亮太 / Ryota Kuramochi / クラモチ リョウタ
第1著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 健太郎 / Kentaro Matsuda / マツダ ケンタロウ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長瀬 亮 / Ryo Nagase / ナガセ リョウ
第3著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: CIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-08-23 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-R2019-34,IEICE-EMD2019-32,IEICE-CPM2019-33,IEICE-OPE2019-61,IEICE-LQE2019-39 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.169(R), no.170(EMD), no.171(CPM), no.172(OPE), no.173(LQE) 
ページ範囲 pp.71-74 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-R-2019-08-15,IEICE-EMD-2019-08-15,IEICE-CPM-2019-08-15,IEICE-OPE-2019-08-15,IEICE-LQE-2019-08-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会