お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-08-23 11:25
[奨励講演]光衛星通信におけるマルチレートPolar符号化伝送方式の検討
伊藤啓太・○岡本英二名工大)・竹中秀樹國森裕生豊嶋守生NICTSAT2019-36
抄録 (和) Polar符号は長符号長において漸近的に通信路容量を達することが厳密に証明されており,5Gでは制御チャネルでの利用が決定している.しかし優れた復号特性を発揮するためには送受信側で既知となる凍結ビットを設定する必要がある.我々はこの凍結ビット数を可変とすることで符号化率を変更できる適応符号化が可能であることを発見した.一方,光衛星通信においては通信リンクの安定した確立が難しく,伝送遅延も比較的大きい場合が多いため,双方向の制御情報を介して通信路に対し適応的に符号化率を変化させることは困難であると考えられた.そこで本稿では凍結ビットに送信情報とは異なる符号化率に関する情報を重畳し,受信側で逐次除去リスト復号に基づいて符号化率の推定を行うことで制御情報を要さずに伝送レートの推定が可能となる片方向のマルチレートpolar符号化方式の提案を行い,計算機シミュレーションによりその特性を評価する. 
(英) Polar codes asymptotically achieves theoretical channel capacity when code length is quite long, and have been adopted as a channel coding scheme in control channel of fifth generation mobile communications system (5G). In polar codes, it is necessary to appropriately configure frozen bits, which are known bits to both the transmitter and the receiver, to obtain excellent channel coding gain. We have studied that an adaptive coding with arbitrary coding rate can be realized in polar codes by changing the number of frozen bits. On the other hand, in satellite laser communications, the transmission channel fluctuates due to air scintillation and the transmission delay is relatively large due to long distance propagation. Thus, it is difficult to apply the adaptive polar coding in accordance with the channel fluctuation by using two-way control among satellite and an earth station. Therefore, in this paper, we propose a one-way adaptive polar coded transmission scheme to flexibly follow the transmitter’s state. In the proposed scheme, by inserting the transmitting rate information into frozen bits, the receiver can estimate the transmitted coding rate based on successive cancellation list decoding, without the two-way control signaling. The performance of the proposed scheme is evaluated through numerical simulations.
キーワード (和) Polar符号 / 適応符号化 / 光衛星通信 / 5G / 逐次除去リスト復号 / / /  
(英) polar code / adaptive coding scheme / free space optics / 5G / successive cancellation list decoding / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 175, SAT2019-36, pp. 105-110, 2019年8月.
資料番号 SAT2019-36 
発行日 2019-08-15 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2019-36

研究会情報
研究会 RCS SAT  
開催期間 2019-08-22 - 2019-08-23 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya University 
テーマ(和) 移動衛星通信,放送,誤り訂正,無線通信一般 
テーマ(英) Satellite Communications, Broadcasting, Forward Error Correction, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2019-08-RCS-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光衛星通信におけるマルチレートPolar符号化伝送方式の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Multi-rate Polar Coding Scheme in Free Space Optics 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Polar符号 / polar code  
キーワード(2)(和/英) 適応符号化 / adaptive coding scheme  
キーワード(3)(和/英) 光衛星通信 / free space optics  
キーワード(4)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(5)(和/英) 逐次除去リスト復号 / successive cancellation list decoding  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 啓太 / Keita Ito / イトウ ケイタ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NiTech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 英二 / Okamoto Eiji / オカモト エイジ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: NiTech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹中 秀樹 / Takenaka Hideki /
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technolog (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 國森 裕生 / Kunimori Hiroo / クニモリ ヒロオ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technolog (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊嶋 守生 / Toyoshima Morio / トヨシマ モリオ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technolog (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-08-23 11:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2019-36 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.175 
ページ範囲 pp.105-110 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2019-08-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会