電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-08-22 10:25
1bit ADCを用いた受信機における雑音による線形化範囲の解析
中島康雄山里敬也名大)・荒井伸太郎岡山理科大)・田中宏哉田所幸浩豊田中研RCS2019-149
抄録 (和) 本研究では,分解能が最低である1bitのアナログ-ディジタル変換器(1bit~ADC)を用いた受信機について考える.1bit ADCは,消費電力が低い・高速化が容易である・構成が簡易で回路面積が小さい,ダイナミックレンジを持たないため入力レンジの調節が不要であるといった利点を持つ一方で,その非線形性による入出力間の歪みが大きいという欠点を持つ.ところが,ある程度雑音が存在する環境においては確率共鳴と呼ばれる,非線形系の出力が統計的に線形化される効果がはたらき,線形系に対する劣化が小さくなる.
本稿では,1bit~ADCを用いた受信機の入出力特性について,雑音分布と出力の期待値・分散に着目した解析を行う.それにより,出力信号が入力信号に線形な項と雑音で表現できる範囲が,雑音の分布と分散によって定まることを示す. 
(英) In this study, we assume the receiver with analog-to-digital converter(s) that has only one-bit resolution(1bit-ADC). The advantages of 1bit ADC are low power consumption, potential to realize high sampling rate, the simple structure and the small circuit area. Also, 1bit ADC does not need the gain control for the ADC dynamic range. However, the 1bit ADC has a nonlinearity and that cause the large amplitude distortion.
Therefore, we focus on the noise-aided linearization known as stochastic resonance. the output of the 1bit ADC is stochastically linearized by noise and the amplitude distortion is restrained.
In this paper, we shows an analysis for the stochastic input-output property of the 1bit ADC. The result shows the linearized range is decided from the distribution and the variance of the input noise.
キーワード (和) 確率共鳴 / 1bit ADC / 雑音 / 線形化 / / / /  
(英) Stochastic Resonance / one-bit analog-to-digital converter / noise / linearization / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 176, RCS2019-149, pp. 19-24, 2019年8月.
資料番号 RCS2019-149 
発行日 2019-08-15 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード RCS2019-149

研究会情報
研究会 RCS SAT  
開催期間 2019-08-22 - 2019-08-23 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya University 
テーマ(和) 移動衛星通信,放送,誤り訂正,無線通信一般 
テーマ(英) Satellite Communications, Broadcasting, Forward Error Correction, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-08-RCS-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 1bit ADCを用いた受信機における雑音による線形化範囲の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An analysis of a noise-aided linearization range on a receiver with one-bit analog-to-digital converter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 確率共鳴 / Stochastic Resonance  
キーワード(2)(和/英) 1bit ADC / one-bit analog-to-digital converter  
キーワード(3)(和/英) 雑音 / noise  
キーワード(4)(和/英) 線形化 / linearization  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 康雄 / Yasuo Nakashima / ナカシマ ヤスオ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山里 敬也 / Takaya Yamazato / ヤマザト タカヤ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 荒井 伸太郎 / Shintaro Arai / アライ シンタロウ
第3著者 所属(和/英) 岡山理科大学 (略称: 岡山理科大)
Okayama University of Science (略称: Okayama Univ. of Sci.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 宏哉 / Hiroya Tanaka / タナカ ヒロヤ
第4著者 所属(和/英) 株式会社豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
TOYOTA Central R&D Labs.,Inc. (略称: Toyota CRDL)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田所 幸浩 / Yukihiro Tadokoro /
第5著者 所属(和/英) 株式会社豊田中央研究所 (略称: 豊田中研)
TOYOTA Central R&D Labs.,Inc. (略称: Toyota CRDL)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-08-22 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-149 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.176 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-08-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会