電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-08-22 11:15
LOS-MIMOにおけるFDEを用いた場合のパイロット系列の相関電力に基づくシンボルタイミング検出法
青野佳奈佐和橋 衛東京都市大)・神谷典史NEC
抄録 (和) 本稿では,周波数領域等化(FDE: Frequency Domain Equalizer) を用いるシングルキャリアLine-of-Sight(LOS)-Multiple-Input Multiple-Output (MIMO) におけるパイロット系列の相互相関電力に基づくシンボルタイミング検出法を提案する.提案法の初期同期モードでは,高速フーリエ変換(FFT) のサンプルレートのN 倍のレートでオーバーサンプリングされた受信信号とパイロット系列レプリカとの最大相互相関電力を与えるタイミングをシンボルタイミングとして検出する.その後のトラッキングモードでは,周波数選択性フェージングチャネルにおいてLagrange 内挿補間フィルタ出力の受信信号とパイロット系列の最大の相互相関電力を基にシンボルタイミングをステップサイズだけ更新し,最適なシンボルタイミングを生成する.計算機シミュレーション結果より,RummlerフェージングチャネルにおけるFDE を用いるLOS-MIMO において,提案のシンボルタイミング検出法における最も良好なビット誤り率(BER: Bit Error Rate) を実現するステップサイズは,Gardner のシンボルタイミング検出アルゴリズムのタイミング誤差信号とほぼ同等の値になることから,提案法の動作の妥当性を示す.また,ベストなステップサイズを用いたときの提案のシンボルタイミング検出法は,Gardner のシンボルタイミング検出アルゴリズムを用いた位相ロックドループ(PLL: Phase-Locked Loop)とほぼ同等のBER を実現できることを示す. 
(英) This paper proposes a symbol timing detection method based on the measured cross-correlation power, i.e., power delay profile, of a pilot sequence for frequency domain equalization (FDE) in single-carrier line-of-sight(LOS) - multiple-input multiple-output (MIMO) transmission. In the proposed method, we detect the best symbol timing that provides the maximum cross-correlation power between the received signal being oversampled with an N times fast Fourier transform (FFT) sampling rate and the pilot sequence replica in the initial acquisition mode. Subsequently, in the tracking mode, we generate the best symbol timing by updating the symbol timing by the step size based on the cross-correlation powers of the pilot sequence at the Lagrange interpolation filter output in a frequency-selective fading channel. Based on computer simulation, we optimize the averaging time of the measured cross-correlation power and the step size of updating interval that are used to update the best symbol timing in the interpolation filter with the double sampling rate of the FFT sample rate. Computer simulation results show that the proposed symbol timing detection method achieves almost the same bit error rate performance as that for the phase-locked loop employing Gardner’s timing detection algorithm for FDE in single-carrier LOS-MIMO in Rummler fading channels.
キーワード (和) LOS-MIMO / シンボルタイミング / パイロット信号 / 周波数領域等化 / 相互相関電力 / / /  
(英) LOS-MIMO / symbol timing / pilot signal / FDE / cross-correlation power / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 176, RCS2019-151, pp. 31-36, 2019年8月.
資料番号 RCS2019-151 
発行日 2019-08-15 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SAT  
開催期間 2019-08-22 - 2019-08-23 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya University 
テーマ(和) 移動衛星通信,放送,誤り訂正,無線通信一般 
テーマ(英) Satellite Communications, Broadcasting, Forward Error Correction, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-08-RCS-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LOS-MIMOにおけるFDEを用いた場合のパイロット系列の相関電力に基づくシンボルタイミング検出法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Symbol Timing Detection Based on Cross- Correlation of Pilot Sequence for FDE in Single-Carrier LOS-MIMO 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LOS-MIMO / LOS-MIMO  
キーワード(2)(和/英) シンボルタイミング / symbol timing  
キーワード(3)(和/英) パイロット信号 / pilot signal  
キーワード(4)(和/英) 周波数領域等化 / FDE  
キーワード(5)(和/英) 相互相関電力 / cross-correlation power  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 青野 佳奈 / Kana Aono / アオノ カナ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐和橋 衛 / Mamoru Sawahashi / サワハシ マモル
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 神谷 典史 / Norifumi Kamiya / カミヤ ノリフミ
第3著者 所属(和/英) NEC (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-08-22 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-151 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.176 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-08-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会