電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-08-22 15:25
氷結したサロマ湖における海中電磁波伝搬の基礎検討
加藤涼介高橋応明千葉大)・吉田 弘海洋研究開発機構)・石井 望新潟大)・陳 強東北大AP2019-62
抄録 (和) 電波を利用した海中測位システムの基礎検討として,海中における電波の減衰量について解析を行った.本報告では,海表面が氷結した冬のサロマ湖における海中電波の伝搬試験結果の妥当性を示し,同環境における電波の減衰量に対する考察を述べる.また,他の形状のアンテナを用いた場合の減衰量に関する考察も併せて報告する. 
(英) As a basic study of an undersea positioning system using electromagnetic waves, we investigated an attenuation of electromagnetic waves in the sea. In this report, we show the validity of the result of the propagation experiment in the frozen Saroma lake in winter and indicate our thoughts of the attenuation of electromagnetic waves in the situation. We also report the attenuation in case of using antennas which have different shape.
キーワード (和) サロマ湖 / 海中電磁波 / 微小ループアンテナ / 微小ダイポールアンテナ / FDTD法 / / /  
(英) Saroma lake / Electromagnetic waves in the sea / Infinitesimal loop antenna / Infinitesimal dipole antenna / FDTD method / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 168, AP2019-62, pp. 79-83, 2019年8月.
資料番号 AP2019-62 
発行日 2019-08-14 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2019-62

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2019-08-21 - 2019-08-23 
開催地(和) 北海学園大学 
開催地(英) Hokkai-Gakuen Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2019-08-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 氷結したサロマ湖における海中電磁波伝搬の基礎検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fundamental study of electromagnetic wave propagation in the sea at frozen Saroma lake 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サロマ湖 / Saroma lake  
キーワード(2)(和/英) 海中電磁波 / Electromagnetic waves in the sea  
キーワード(3)(和/英) 微小ループアンテナ / Infinitesimal loop antenna  
キーワード(4)(和/英) 微小ダイポールアンテナ / Infinitesimal dipole antenna  
キーワード(5)(和/英) FDTD法 / FDTD method  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 涼介 / Ryosuke Kato / カトウ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 応明 / Masaharu Takahashi / タカハシ マサハル
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 弘 / Hiroshi Yoshida / ヨシダ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 海洋研究開発機構 (略称: 海洋研究開発機構)
Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (略称: JAMSTEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 望 / Nozomu Ishii / イシイ ノゾム
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 強 / Chen Qiang / チャン チェン
第5著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-08-22 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2019-62 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.168 
ページ範囲 pp.79-83 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2019-08-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会