電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-08-22 13:05
[依頼講演]衛星姿勢を考慮したLEO MIMOのチャネル解析
加藤智隼中台光洋JAXA)・五藤大介柴山大樹山下史洋NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 低軌道周回(LEO)地球観測衛星では, 観測センサの高度化やコンステレーションサービスの登場に伴い, 衛星-地上局間のデータ伝送量が急増している.伝送容量の増大には限られた電力, 周波数帯域においてチャネル容量を効率的に増加できるmultiple-input multiple-output(MIMO)技術が有望である. 著者らはLEO衛星通信システムへのMIMO技術の適用(LEO-MIMO)を検討し, 見通し内環境と仮定したLEO-MIMOチャネルモデルを提案してきた. これまでの検討では簡易的に送受信アンテナが全て同一平面上にあると仮定した時のチャネル容量を解析してきたが, 実際にはアンテナ位置関係が3次元的に変化することを考慮した検討が必要である. そこで本研究では, 衛星姿勢によるアンテナ位置変動を考慮してLEO-MIMOチャネル容量を評価したので結果を報告する. 
(英) With the improving sensor capabilities of Earth observation satellites and the introduction of the constellation service in the LEO, the volume of transmission data from a satellite to a ground station is increasing. To increase the channel capacity in limited power and frequency bands, MIMO is efficient. The authors have investigated the use of MIMO channels in LEO satellites, specifically proposing the channel model and assuming LOS environments. In the previous study, the authors analyzed the channel capacity using the channel model simply assumed that all antennas are on the same plane. However, it is necessary to analyze the channel capacity reflecting the parameters of the antenna position due to the attitude of the satellite. The authors report the evaluation of the channel capacity on the LEO-MIMO channel model reflecting the attitude of satellites.
キーワード (和) multiple-input multiple-output (MIMO) / 低軌道周回衛星 / / / / / /  
(英) multiple-input multiple-output (MIMO) / LEO satellite / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 175, SAT2019-24, pp. 39-44, 2019年8月.
資料番号 SAT2019-24 
発行日 2019-08-15 (SAT, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SAT  
開催期間 2019-08-22 - 2019-08-23 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya University 
テーマ(和) 移動衛星通信,放送,誤り訂正,無線通信一般 
テーマ(英) Satellite Communications, Broadcasting, Forward Error Correction, Wireless Communications, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2019-08-RCS-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 衛星姿勢を考慮したLEO MIMOのチャネル解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Channel Capacity Analysis of LEO MIMO System Considering the Satellite Attitude 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) multiple-input multiple-output (MIMO) / multiple-input multiple-output (MIMO)  
キーワード(2)(和/英) 低軌道周回衛星 / LEO satellite  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 智隼 / Chihaya Kato / カトウ チハヤ
第1著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中台 光洋 / Mitsuhiro Nakadai / ナカダイ ミツヒロ
第2著者 所属(和/英) 宇宙航空研究開発機構 (略称: JAXA)
Japan Aerospace Exploration Agency (略称: JAXA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 五藤 大介 / Daisuke Goto / ゴトウ ダイスケ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴山 大樹 / Hiroki Shibayama / シバヤマ ヒロキ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 史洋 / Fumihiro Yamashita / ヤマシタ フミヒロ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-08-22 13:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2019-24,IEICE-RCS2019-153 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.175(SAT), no.176(RCS) 
ページ範囲 pp.39-44 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2019-08-15,IEICE-RCS-2019-08-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会