電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-08-21 15:25
屋内大規模空間における電磁解析手法の検討
嶌田斐呂前山利幸拓殖大)・山本尚武菱川哲也パナソニックAP2019-51
抄録 (和) 大規模な領域における電波伝搬の解析手法としてFDTD法(Finite Difference Time Domain method)とレイトレース法がよく利用される.電磁界数値解析手法であるFDTD法での解析は詳細に電磁場を解くため,大きな計算リソースが必要となる.一方,レイトレース法は,電波伝搬経路を光学的に近似し,反射,回折,透過を解くので大規模な領域でも比較的少ない計算リソースで利用できる.しかし,反射回数が複雑となる経路では推定が困難となる場合がある.本研究では,FDTD法とレイトレース法による相互補完を目指し両手法の特性を評価した結果について報告する. 
(英) FDTD method and Ray-tracing method are often used as analysis methods of radio wave propagation in a large area. Analysis with the FDTD method, which is an electromagnetic field numerical analysis method, requires a large computational resource to solve the electromagnetic field in detail. On the other hand, the Ray-tracing method optically approximates the radio wave propagation path and solves reflection, diffraction, and transmission, so it can be used with relatively few computational resources even in a large-scale area. However, it may be difficult to estimate the path where the number of reflections is complicated. In this research, we report the result of evaluating the characteristics of both methods aiming at mutual complementation by FDTD method and Ray-tracing method.
キーワード (和) FDTD / レイトレース / 大規模領域 / 屋内伝搬 / / / /  
(英) FDTD / Ray-tracing / Large Space / Indoor Propagation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 168, AP2019-51, pp. 23-28, 2019年8月.
資料番号 AP2019-51 
発行日 2019-08-14 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AP2019-51

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2019-08-21 - 2019-08-23 
開催地(和) 北海学園大学 
開催地(英) Hokkai-Gakuen Univ. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2019-08-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 屋内大規模空間における電磁解析手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study of Electromagnetic Analysis Method in Large Indoor Space 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FDTD / FDTD  
キーワード(2)(和/英) レイトレース / Ray-tracing  
キーワード(3)(和/英) 大規模領域 / Large Space  
キーワード(4)(和/英) 屋内伝搬 / Indoor Propagation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 嶌田 斐呂 / Hiro Shimada / シマダ ヒロ
第1著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前山 利幸 / Toshiyuki Maeyama / マエヤマ トシユキ
第2著者 所属(和/英) 拓殖大学 (略称: 拓殖大)
Takushoku University (略称: Takushoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 尚武 / Naotake Yamamoto / ヤマモト ナオタケ
第3著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation, Eco Solutions Comany (略称: Panasonic)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 菱川 哲也 / Tetsuya Hishikawa / ヒシカワ テツヤ
第4著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation, Eco Solutions Comany (略称: Panasonic)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-08-21 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2019-51 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.168 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2019-08-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会