お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-08-21 10:20
森におけるヒトの活動とクロシロエリマキキツネザルの行動との関係
井上紗奈立命館大HIP2019-43
抄録 (和) マダガスカルの希少種であるクロシロエリマキキツネザルの生息地Torotorofotsy-Ihofaにて,ヒトの活動とキツネザルの行動の関係について調べた.Ihofaは二次林のため巨木が少なく主食である果実が実る樹木が点在している.キツネザルは,その果樹を基点に行動域を巡回していることが群れの追跡からわかった.森にはヒトが利用する獣道が通っているほか,牛が常時放牧されている.キツネザルが利用する樹木の一部は獣道沿いにあるが,サルはヒトの通行時には反応しないことが多い一方,森に滞在する時間の長い牛飼いの接近時には,威嚇をする,またはその場から離れることがわかった.同じヒトでも,機会狩猟をおこなう脅威となりうるかどうかにより行動を変化させている可能性が示唆される. 
(英) Relationship between human activity and black-and-white ruffed lemur behavior were investigated in Torotorofotsy-Ihofa, Madagascar. It was found that lemurs were patrolling their territory with using fruits trees as base point that dot among secondary forest. In the forest, there are animal paths used by humans, and some farmers put cattle to grazing. Although some fruit trees are along the path, lemurs are not responding to human passage in many cases, while they made alarm call or left the place when cattle herders who stay long in forest approached. It is suggested that lemurs might change their behavior depending on whether it could be a threat of opportunity hunting.
キーワード (和) クロシロエリマキキツネザル / 人間活動 / 行動変化 / スキャンサンプリング / / / /  
(英) black-and-white ruffed lemur / human activity / behavioral change / scan sampling / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 167, HIP2019-43, pp. 49-52, 2019年8月.
資料番号 HIP2019-43 
発行日 2019-08-13 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2019-43

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2019-08-20 - 2019-08-21 
開催地(和) 東京女子大学 9101教室 
開催地(英) Tokyo Woman's Christian University 
テーマ(和) 「顔・身体学」および「ヒューマン情報処理一般」 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2019-08-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 森におけるヒトの活動とクロシロエリマキキツネザルの行動との関係 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relationship between human activity and behavior of black-and-white ruffed lemur in a forest 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クロシロエリマキキツネザル / black-and-white ruffed lemur  
キーワード(2)(和/英) 人間活動 / human activity  
キーワード(3)(和/英) 行動変化 / behavioral change  
キーワード(4)(和/英) スキャンサンプリング / scan sampling  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 紗奈 / Sana Inoue / イノウエ サナ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-08-21 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2019-43 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.167 
ページ範囲 pp.49-52 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HIP-2019-08-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会