お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-08-20 14:35
絵画鑑賞場面におけるMind-Wanderingの生起に関する実験心理学的検討
小澤怜平三國珠杏川畑秀明慶大HIP2019-36
抄録 (和) Mind-Wandering (以下MW) とは,現在行っている課題とは無関係な思考を行う現象である.MWに関する様々な応用的な研究がなされているが,芸術分野における研究はそれ程多くはない.MWは飽きや疲労に伴い生起することが知られており,博物館疲労効果等とも密接に関連する現象だということが予想される.そこで本研究では絵画鑑賞場面におけるMWの測定を行い,MWの生起に影響しうる要因を特定し,また,鑑賞する絵画のジャンルや絵画に対する美的経験が,MWの性質をどの様に変化させるのか検討を行った.併せて,眼球運動の測定も行った.その結果,静物画・風景画といった絵画のジャンル,絵画に対する美的評価がMWの性質を変化させる要因であることが示唆された. 
(英) Mind-Wandering (MW) is phenomenon that cognitive processing of the external environment decreases in favor of internal processing. In regard to MW, there were many applied researches, but not many them in art appreciation. Our mind was easily apt to wander, when we felt tired, and uncomfortable, so MW are closely related with art appreciation. The aim of this experiment was to reveal situations MW occurred in painting observation and how the content of MW was influenced by beauty and genre of paintings. Moreover, eye-movement was measured. In result, beauty and genre of paintings influenced the content of MW.
キーワード (和) マインドワンダリング / 絵画鑑賞 / 博物館疲労効果 / アイリンク / 眼球運動 / / /  
(英) Mind-Wandering / art appreciation / Museum Fatigue / Eyelink / eye-movement / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 167, HIP2019-36, pp. 13-18, 2019年8月.
資料番号 HIP2019-36 
発行日 2019-08-13 (HIP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HIP2019-36

研究会情報
研究会 HIP  
開催期間 2019-08-20 - 2019-08-21 
開催地(和) 東京女子大学 9101教室 
開催地(英) Tokyo Woman's Christian University 
テーマ(和) 「顔・身体学」および「ヒューマン情報処理一般」 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HIP 
会議コード 2019-08-HIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 絵画鑑賞場面におけるMind-Wanderingの生起に関する実験心理学的検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The experimental study about occurence of Mind-Wandering in art appreciation. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) マインドワンダリング / Mind-Wandering  
キーワード(2)(和/英) 絵画鑑賞 / art appreciation  
キーワード(3)(和/英) 博物館疲労効果 / Museum Fatigue  
キーワード(4)(和/英) アイリンク / Eyelink  
キーワード(5)(和/英) 眼球運動 / eye-movement  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小澤 怜平 / Renpei Ozawa / オザワ レンペイ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三國 珠杏 / Jan Mikuni / ミクニ ジャン
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川畑 秀明 / Hideaki Kawabata / カワバタ ヒデアキ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-08-20 14:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HIP 
資料番号 IEICE-HIP2019-36 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.167 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HIP-2019-08-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会