お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-08-10 14:30
在宅高齢者に向けた「こころ」センシングのためのルールベース問いかけ機構
前田晴久佐伯幸郎中村匡秀神戸大)・安田 清阪工大WIT2019-10
抄録 (和) 高齢者の在宅での自立生活を支援するためには,高齢者の自助機能を高めることに加え,高齢者の心の状態まで考慮した支援が必要である.しかしながら,人手による聞き取りや既存見守りサービスの限界,毎日の心理状態の記録や自発的な外化が難しいという課題がある.そこで本研究では,在宅高齢者を対象として,心理状態の見守りと自発的なメンタルヘルスケアを促すことを目的とした「こころ」の見守りサービスを提案する.提案サービスでは,エージェントが高齢者に対して,心理状態の取得に特化した問いかけを継続的に行い,その回答に基づいて,サービスは対象者の心を把握し,見守り,支援する.本稿では,提案サービスのプロトタイプを実装し,予備実験を通してサービスの実現可能性を検証する.実験の結果,提案サービスによって各被験者の心理状態を表すデータを取得・蓄積できること,データに基づくフィードバックによって被験者の心の内を外化できることが分かった. 
(英) In order to support sustainable in-home long-term care, it is essential to monitor mental states of elderly people at home, as well as to encourage their ability of self-care. However, the technical challenges include the limitations on human interventions and sensor-based monitoring, as well as daily recording and externalization
of mental states. In this research, we propose Mind Monitoring Service, which aims to monitor mental states and promote self-care of elderly people at home. In the proposed service, an agent asks a user specific questions to acquire his/her mental state. Based on the answers, the service then assesses the mental state and sends feedback. We implement a prototype service, and evaluate the feasibility of the service through a preliminary experiment. The results show that data characterizing mental states of individual subjects was obtained successfully, and that some subjects externalized their minds by feedback from the service.
キーワード (和) 在宅介護 / 高齢者見守りシステム / 心理状態 / センシング / エージェント / チャットボット / /  
(英) in-home long-term care / elderly monitoring system / mental state / sensing / agent / chatbot / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 165, WIT2019-10, pp. 7-12, 2019年8月.
資料番号 WIT2019-10 
発行日 2019-08-03 (WIT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード WIT2019-10

研究会情報
研究会 WIT  
開催期間 2019-08-10 - 2019-08-10 
開催地(和) 帝京大学宇都宮キャンパス(予定) 
開催地(英) Teikyo University, Utsunomiya Campus (TBD) 
テーマ(和) 福祉情報工学、一般 
テーマ(英) Well-being Information Technology, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 WIT 
会議コード 2019-08-WIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 在宅高齢者に向けた「こころ」センシングのためのルールベース問いかけ機構 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Rule-Based Talking Service to Elderly at Home for Efficient Mind Sensing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 在宅介護 / in-home long-term care  
キーワード(2)(和/英) 高齢者見守りシステム / elderly monitoring system  
キーワード(3)(和/英) 心理状態 / mental state  
キーワード(4)(和/英) センシング / sensing  
キーワード(5)(和/英) エージェント / agent  
キーワード(6)(和/英) チャットボット / chatbot  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 晴久 / Haruhisa Maeda / マエダ ハルヒサ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐伯 幸郎 / Sachio Saiki / サイキ サチオ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 匡秀 / Masahide Nakamura / ナカムラ マサヒデ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 清 / Kiyoshi Yasuda / ヤスダ キヨシ
第4著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-08-10 14:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 WIT 
資料番号 IEICE-WIT2019-10 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.165 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-WIT-2019-08-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会