電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-08-08 11:45
Q値増大手法による無線電力伝送システムでの伝送距離増大に関する検討
杉本泰博鈴木統万中大)   エレソ技報アーカイブはこちら
抄録 (和) 磁界共鳴現象を用いる電力伝送技術について,遠方への電力伝送効率を増大させる手法を提案する. 磁界共鳴現象を用いる電力伝送においても,電力の遠方への伝送は難しい. この場合,伝送に携わる送電コイルと受電コイルのQ値および両コイル間の伝送係数kの値が大である程,電力は遠方に伝送される事がわかる. 我々は物理的ではなく,回路的にQ値を増大させる方法を検討して来た. そこでこのQ値増大手法を受電側のコイルに適用する事で,無線電力伝送の効率を上げる事を検討して来たので,これについて述べる. 効果としては遠方における電力伝送の効率が増大する形である. 本手法がどのような応用で有用であるか,を議論出来たらと思う. 
(英) A method to enhance a reachable area of power transfer in the wireless power transfer (WPT) system has been studied. In order to achieve the objective, a Q-value enhancement technique for the receiving coil was adopted. This eliminates the influence of a series resistor of the coil in the receiving part, thus enabling power transfer more than usual. Calculation and circuit simulation using an equivalent circuit of the system have been done, and effectiveness of the method has been verified.
キーワード (和) 磁界共鳴 / 無線電力伝送 / Q値増大手法 / 帰還回路 / 伝送距離 / / /  
(英) WPT / Q enhancement / circuit simulation / receiving coil / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 162, ICD2019-9, pp. 41-46, 2019年8月.
資料番号 ICD2019-9 
発行日 2019-07-31 (SDM, ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SDM ICD ITE-IST  
開催期間 2019-08-07 - 2019-08-09 
開催地(和) 北海道大学 情報科学院 3F A31 
開催地(英) Hokkaido Univ., Graduate School /Faculty of Information Science and 
テーマ(和) アナログ、アナデジ混載、RF及びセンサインタフェース回路、低電圧・低消費電力技術、新デバイス・回路とその応用 
テーマ(英) Analog, Mixed Analog and Digital, RF, and Sensor Interface, Low Voltage/Low Power Techniques, Novel Devices/Circuits, and the Applications 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICD 
会議コード 2019-08-SDM-ICD-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Q値増大手法による無線電力伝送システムでの伝送距離増大に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of the method to extend a distance for transferring power in a WPT system by using a Q-value enhancement technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 磁界共鳴 / WPT  
キーワード(2)(和/英) 無線電力伝送 / Q enhancement  
キーワード(3)(和/英) Q値増大手法 / circuit simulation  
キーワード(4)(和/英) 帰還回路 / receiving coil  
キーワード(5)(和/英) 伝送距離 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉本 泰博 / Yasuhiro Sugimoto / スギモト ヤスヒロ
第1著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 統万 / Touma Suzuki /
第2著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo University (略称: Chuo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-08-08 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICD 
資料番号 IEICE-SDM2019-44,IEICE-ICD2019-9 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.161(SDM), no.162(ICD) 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SDM-2019-07-31,IEICE-ICD-2019-07-31 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会