電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-27 11:00
日本人英語学習者の分理解における島の制約
峰見一輝広瀬友紀東大/
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究は,日本語を母語とする英語学習者が英語の文理解において,統語的制約に従った処理を行なっているのかを自己ペース読文実験によって検証した.実験の結果,関係節においてもwh疑問文においても,日本人英語学習者は統語的制約に従った処理を行なっていることが示唆された.この結果は,wh句の顕在的移動を伴わなず,かつ語順がSOVである言語を母語とする第二言語英語学習者は,英語の文理解において統語的制約に違反した処理を行なうという仮説を反証している. 
(英) Previous studies have proposed that typological differences between speakers’ first (L1) and second languages (L2), such as wh-dependency type (wh-movement/-in-situ) or word order (SVO/SOV), induce insensitivity to syntactic constraints called “islands” in the L2 sentence comprehension [1]. This study tested this hypothesis by examining whether Japanese learners respect island constraints during the comprehension of English. Two self-paced reading experiments demonstrated that learners are sensitive to island constraints in processing relative clauses (RCs) and wh-dependencies in English. This study suggests that L2 learners of English construct a highly detailed structural representation and respect syntactic constraints during L2 comprehension.
キーワード (和) 文理解 / 第二言語 / 英語 / フィラー・ギャップ依存関係 / 統語的制約 / / /  
(英) Sentence Comprehension / Second Language / English / Filler-Gap Dependencies / Syntactic Constraints / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 151, TL2019-10, pp. 1-6, 2019年7月.
資料番号 TL2019-10 
発行日 2019-07-20 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2019-07-27 - 2019-07-28 
開催地(和) 甲南大学 平生セミナーハウス 
開催地(英) Hirao Seminar House, Konan University 
テーマ(和) 人間の言語処理と学習 
テーマ(英) Human Language Processing and Learning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2019-07-TL 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 日本人英語学習者の分理解における島の制約 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Island constraints in L2 English sentence comprehension by Japanese speakers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 文理解 / Sentence Comprehension  
キーワード(2)(和/英) 第二言語 / Second Language  
キーワード(3)(和/英) 英語 / English  
キーワード(4)(和/英) フィラー・ギャップ依存関係 / Filler-Gap Dependencies  
キーワード(5)(和/英) 統語的制約 / Syntactic Constraints  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 峰見 一輝 / Itsuki Minemi / ミネミ イツキ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大/)
The University of Tokyo (略称: UT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 広瀬 友紀 / Yuki Hirose / ヒロセ ユキ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大/)
The University of Tokyo (略称: UT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-27 11:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2019-10 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.151 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2019-07-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会