電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-27 14:40
Evidentiality, Modality and Causality -- corpus and neurolinguistic studies --
Yurie HaraWU)・Naho OritaTokyo University of Science)・Deng YingUT)・Takeshi Koshizukaokyo University of Science)・Hiromu SakaiWU
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) Davis&Hara (2014) and Hara (2017) argue that: 1. The Japanese sentence final auxiliary yooda ‘it seems’ as in (1) is a morpheme of evidentiality which is distinct from
canonical modal auxiliaries like daroo ‘I bet’ in (2) defined in (3). 2. The semantics of yooda re lies on the notion of causality as informally defined in (4).

(1) Ame ga futta yooda. (rain NOM fell EVID)
‘It seems that it rained.’
(2) Michi ga nureteru daroo. (road NOM wet I bet)
‘ The streets are wet, I bet.’
(3) Daroo(p) is true at f,g,w iff Must(p) is true at f,g,
(4) Yooda(p) is defined iff q such that p normally causes q. (presupposition)
If defined, Yooda(p) is true at w iff the speaker
perceives q at w. (assertion)

Corpus and EEG studies were conducted to reveal behavioral and neurological d differences between processing of modals and evidentials.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Evidentiality / Modality / Causality / corpus / NPMI / EEG / ERP / neurolinguistic  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 151, TL2019-13, pp. 15-15, 2019年7月.
資料番号 TL2019-13 
発行日 2019-07-20 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2019-07-27 - 2019-07-28 
開催地(和) 甲南大学 平生セミナーハウス 
開催地(英) Hirao Seminar House, Konan University 
テーマ(和) 人間の言語処理と学習 
テーマ(英) Human Language Processing and Learning 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2019-07-TL 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evidentiality, Modality and Causality 
サブタイトル(英) corpus and neurolinguistic studies 
キーワード(1)(和/英) / Evidentiality  
キーワード(2)(和/英) / Modality  
キーワード(3)(和/英) / Causality  
キーワード(4)(和/英) / corpus  
キーワード(5)(和/英) / NPMI  
キーワード(6)(和/英) / EEG  
キーワード(7)(和/英) / ERP  
キーワード(8)(和/英) / neurolinguistic  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 由理枝 / Yurie Hara /
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: WU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 折田 奈甫 / Naho Orita /
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: Tokyo University of Science)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) トウ エン / Deng Ying /
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) こしずか たけし / Takeshi Koshizuka /
第4著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
okyo University of Science (略称: okyo University of Science)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 弘 / Hiromu Sakai /
第5著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: WU)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-27 14:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2019-13 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.151 
ページ範囲 p.15 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-TL-2019-07-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会