電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-26 14:50
遺伝的アルゴリズムによる信頼度を考慮した2目的ネットワークの設計法
高橋奈津美青学大)・秋葉知昭千葉工大)・山本久志首都大東京)・新里 隆玉川大
抄録 (和) 本研究では全点間信頼度とコストを考慮した2目的ネットワーク設計問題に注目する.信頼度とコストの2つの評価尺度は,一般にトレードオフの関係であるため,ネットワークの評価にはパレート最適解算出が必要となる.しかし多目的ネットワークにおいては,ノード数やエッジ数の増加により計算が困難となる.この2目的ネットワーク設計問題に対して,リーズナブルな時間で最適解の探索を行うため,遺伝的アルゴリズム(GA)を解の生成に利用した方法が提案された.その結果,従来計算困難であったノード数8以上のネットワークの評価が可能となったものの,先行研究では探索精度が高くないという課題があった.そこで,本研究では,パレート最適解の分布特性を反映するよう選択・交叉の過程を改良したアルゴリズムを提案し,数値実験によりその精度を評価する. 
(英) In this study, we consider two-objective network design problem with all-terminal reliability and construction costs. There is a trade-off relation between reliability and costs. Therefore, we need to obtain Pareto solutions for network evaluation. However, multi-objective network requires much time to obtain Pareto solutions when the number of nodes or edges is large. To obtain the Pareto front in a reasonable time, previous study proposed an algorithm which used genetic algorithm (GA) to generate solutions. This algorithm can evaluate the networks with more than 7 nodes. Evaluating such size networks was computationally intractable. However, accuracy of solution search isn’t high. Therefore, we propose the improved algorithm in selection and crossover operations such that Pareto solutions properties are reflected. And then, the accuracy of our proposed algorithm is evaluated by numerical experiments.
キーワード (和) 多目的ネットワーク / 全点間信頼度 / パレート最適解 / 遺伝的アルゴリズム / / / /  
(英) Multi-Objective Network / All-Terminal Reliability / Pareto Optimal solutions / Genetic Algorithm / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 150, R2019-16, pp. 13-18, 2019年7月.
資料番号 R2019-16 
発行日 2019-07-19 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2019-07-26 - 2019-07-26 
開催地(和) 一関文化センター 
開催地(英) Ichinoseki Cultural Center 
テーマ(和) 信頼性理論,通信ネットワークの信頼性,信頼性一般 
テーマ(英) Reliability Theory, Communication Network Reliability, Reliability General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2019-07-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 遺伝的アルゴリズムによる信頼度を考慮した2目的ネットワークの設計法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Bi-objective Reliable Network Design with Genetic Algorithm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多目的ネットワーク / Multi-Objective Network  
キーワード(2)(和/英) 全点間信頼度 / All-Terminal Reliability  
キーワード(3)(和/英) パレート最適解 / Pareto Optimal solutions  
キーワード(4)(和/英) 遺伝的アルゴリズム / Genetic Algorithm  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 奈津美 / Natsumi Takahashi / タカハシ ナツミ
第1著者 所属(和/英) 青山学院大学 (略称: 青学大)
Aoyama Gakuin University (略称: Aoyama Gakuin Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋葉 知昭 / Tomoaki Akiba / アキバ トモアキ
第2著者 所属(和/英) 千葉工業大学 (略称: 千葉工大)
Chiba Institute of Technology (略称: Chiba Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 久志 / Hisahi Yamamoto / ヤマモト ヒサシ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Metropolitan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 新里 隆 / Takashi Shinzato / シンザト タカシ
第4著者 所属(和/英) 玉川大学 (略称: 玉川大)
Tamagawa University (略称: Tamagawa Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-26 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2019-16 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.150 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2019-07-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会