電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-26 14:00
Connected-(r,s)-out-of-(m,n):Fシステムの極限定理
山田紘希中村太信山本久志周 蕾肖 霄首都大東京
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Connected-(r,s)-out-of-(m,n):Fシステムに対して,既存の研究によりシステム信頼度の算出方法が数多く提案されてきた.しかし,システムサイズが大きくなる場合,計算時間が膨大になりシステム信頼度の算出が困難である.本稿では,円筒型およびトーラス型connected-(r,s)-out-of-(m,n):Fシステムの信頼度算出に対して,極限定理を考える.極限定理を用いることで,大きなシステムの信頼度の近似値を非常に簡易な計算で算出することができる.また,数値実験により極限定理による近似値が厳密値に近いことを確認した. 
(英) In previous studies, several methods for computing the reliability of a connected-(r,s)-out-of-(m,n):F lattice system have been proposed. However, it becomes difficult to compute the reliability of the large system because of the huge computation time. In this paper, we propose limit theorems for the reliability of the cylinder and toroidal system. Using the proposed theorems, we can obtain the approximate value of the reliability for the large systems by a simple calculation. Also, numerical experiments are conducted to confirm that the approximate value using the limit theorems is close to the corresponding exact value.
キーワード (和) システム信頼度 / Connected-(r,s)-out-of-(m,n):Fシステム / 極限定理 / 近似値 / 上下限値 / / /  
(英) System Reliability / Connected-(r,s)-out-of-(m,n):F lattice system / Limit Theorem / Approximate value / Upper and Lower Bound / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 150, R2019-14, pp. 1-6, 2019年7月.
資料番号 R2019-14 
発行日 2019-07-19 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2019-07-26 - 2019-07-26 
開催地(和) 一関文化センター 
開催地(英) Ichinoseki Cultural Center 
テーマ(和) 信頼性理論,通信ネットワークの信頼性,信頼性一般 
テーマ(英) Reliability Theory, Communication Network Reliability, Reliability General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2019-07-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Connected-(r,s)-out-of-(m,n):Fシステムの極限定理 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Limit theorem of a connected-(r,s)-out-of-(m,n):F lattice system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) システム信頼度 / System Reliability  
キーワード(2)(和/英) Connected-(r,s)-out-of-(m,n):Fシステム / Connected-(r,s)-out-of-(m,n):F lattice system  
キーワード(3)(和/英) 極限定理 / Limit Theorem  
キーワード(4)(和/英) 近似値 / Approximate value  
キーワード(5)(和/英) 上下限値 / Upper and Lower Bound  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 紘希 / Koki Yamada / ヤマダ コウキ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 太信 / Taishin Nakamura / ナカムラ タイシン
第2著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 久志 / Hisashi Yamamoto / ヤマモト ヒサシ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 周 蕾 / Lei Zhou / シュウ ライ
第4著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 肖 霄 / Xiao Xiao / シャオ シャオ
第5著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: Tokyo Met. Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-26 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2019-14 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.150 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2019-07-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会