電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-26 15:55
欠損データがある場合のロジスティックモデルによる正確なフィッティング
佐藤大輔松村龍太郎NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 欠損値がある場合のロジスティック曲線モデルによるパラメータ推定方法を提案する.この方法は厳密解を持つ不等間隔差分方程式で記述されるため,データがロジスティック曲線上に乗っている場合には完全にパラメータを復元できる.この方法はデータを無駄なく利用し,補間によって発生するノイズを加えることもない.回帰分析と2次計画法を用いるだけで計算も容易である.さらに,従来法であるデータを削除する方法と補間する方法よりもフィッティングを向上できることを実データで確認した. 
(英) A parameter estimating method based on a logistic curve model with missing data is proposed. Since the model is described by an unequal step difference equation that has an exact solution, the method completely recovers parameters of the difference equation when data are on an exact solution curve. The method makes full use of data without wasting any data or generating plausible data for the missing data. It only requires regression analysis and a simple optimization technique and showed better fitting than two conventional methods for three actual datasets.
キーワード (和) ロジスティック曲線モデル / 欠損値 / 不等間隔差分方程式 / 厳密解 / / / /  
(英) logistic curve model / missing data / unequal step difference equation / exact solution / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 150, R2019-18, pp. 25-29, 2019年7月.
資料番号 R2019-18 
発行日 2019-07-19 (R) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 R  
開催期間 2019-07-26 - 2019-07-26 
開催地(和) 一関文化センター 
開催地(英) Ichinoseki Cultural Center 
テーマ(和) 信頼性理論,通信ネットワークの信頼性,信頼性一般 
テーマ(英) Reliability Theory, Communication Network Reliability, Reliability General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 R 
会議コード 2019-07-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 欠損データがある場合のロジスティックモデルによる正確なフィッティング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) More precise fitting of logistic curve model with missing data 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ロジスティック曲線モデル / logistic curve model  
キーワード(2)(和/英) 欠損値 / missing data  
キーワード(3)(和/英) 不等間隔差分方程式 / unequal step difference equation  
キーワード(4)(和/英) 厳密解 / exact solution  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 大輔 / Daisuke Satoh / サトウ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 龍太郎 / Ryutaro Matsumura / マツムラ リュウタロウ
第2著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-26 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 R 
資料番号 IEICE-R2019-18 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.150 
ページ範囲 pp.25-29 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-R-2019-07-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会