電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-25 14:25
クラスター説明変数と回帰説明変数により表現された線形回帰モデルにおけるベイズ最適な予測の近似手法
村山春香齋藤翔太中原悠太松嶋敏泰早大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本研究では,説明変数と目的変数の組からなるデータが与えられたとき,一部の連続説明変数によってデータを複数のクラスターに分けることができ,各クラスターにおいて,残りの説明変数に関する線形回帰モデルが仮定できる場合を考える.このデータに対し,確率モデルを仮定し,ベイズ基準のもとで最適な予測とその近似計算アルゴリズムを導く.また,人工データを用いた実験により,提案アルゴリズムの有効性や挙動を確認する. 
(英) In this research, data are assumed to be divided in clusters based on a part of the continuous explanatory variables, and have a regression model of remaining explanatory variables in each cluster. Introducing probabilistic structure, we derive the optimal prediction under Bayes criteria, and propose an algorithm which calculates the approximation of this prediction. Moreover, using synthetic data, some experiments are conducted to show the effectiveness of the proposed algorithm.
キーワード (和) クラスタリング / 線形回帰 / ベイズ最適な予測 / 変分ベイズ法 / / / /  
(英) Clustering / Linear Regression / Bayes Optimal Prediction / Variational Bayes Method / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 149, IT2019-16, pp. 5-10, 2019年7月.
資料番号 IT2019-16 
発行日 2019-07-18 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2019-07-25 - 2019-07-26 
開催地(和) NATULUCK飯田橋東口 駅前店 
開催地(英) NATULUCK-Iidabashi-Higashiguchi Ekimaeten 
テーマ(和) フレッシュマンセッション,一般 
テーマ(英) freshman session, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2019-07-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クラスター説明変数と回帰説明変数により表現された線形回帰モデルにおけるベイズ最適な予測の近似手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Bayes Optimal Prediction and Its Approximative Algorithm on Model Including Cluster Explanatory Variables and Regression Explanatory Variables 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クラスタリング / Clustering  
キーワード(2)(和/英) 線形回帰 / Linear Regression  
キーワード(3)(和/英) ベイズ最適な予測 / Bayes Optimal Prediction  
キーワード(4)(和/英) 変分ベイズ法 / Variational Bayes Method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 村山 春香 / Haruka Murayama / ムラヤマ ハルカ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 翔太 / Shota Saito / サイトウ ショウタ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中原 悠太 / Yuta Nakahara / ナカハラ ユウタ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松嶋 敏泰 / Toshiyasu Matsushima / マツシマ トシヤス
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-25 14:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2019-16 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.149 
ページ範囲 pp.5-10 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IT-2019-07-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会