お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-25 15:50
無線LANにおけるSNRとユーザ数を考慮した通信路選択のメトリックに関する検討
奥立大雅岡 育生阿多信吾阪市大IT2019-19
抄録 (和) 通信効率向上を図るには,通信路情報 (Channel State Information:CSI) を用いて最適な通信路を動的に切り替える通信路選択が有効である.無線 LAN における CSI を表す主要なパラメータとしては,SNR (Signal to Noise Power Ratio) ならびに基地局に接続しているユーザ数が挙げられる.本稿では SNR とユーザ数を考慮した場合の通信路選択のメトリックについて検討する.通信路選択のメトリックとしては送信すべきパケットが発生してから送信が完了するまでの遅延時間を採用し,メトリックを$N$次関数で表現する.また,メトリックとして定義した関数の誤差の数値計算結果から,メトリックが有効となる SNR とユーザ数の範囲を明らかにする. 
(英) A channel selection is employed to switch dynamically the channel to the optimal channel using channel state information (CSI).
The channel selection is widely used to improve the communication efficiency.
The key parameters representing CSI in WLAN include signal to noise power ratio (SNR) and the number of users connected to the underlined access point.
In this paper, the metric of channel selection based on SNR and the number of users are considered.
As the metric for channel selection, a delay time is considered.
It is defined from the occurrence of a packet to the completion of transmission, and the metric is expressed by an $N$-th order polynomials.
Numerical results are presented to show the approximation error of the function defined as the metric.
キーワード (和) SNR / CSMA/CA / 通信路選択 / 802.11a / / / /  
(英) SNR / CSMA/CA / Channel Selection / 802.11a / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 149, IT2019-19, pp. 23-26, 2019年7月.
資料番号 IT2019-19 
発行日 2019-07-18 (IT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2019-19

研究会情報
研究会 IT  
開催期間 2019-07-25 - 2019-07-26 
開催地(和) NATULUCK飯田橋東口 駅前店 
開催地(英) NATULUCK-Iidabashi-Higashiguchi Ekimaeten 
テーマ(和) フレッシュマンセッション,一般 
テーマ(英) freshman session, general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2019-07-IT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線LANにおけるSNRとユーザ数を考慮した通信路選択のメトリックに関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Metric for Channel Selection by the Number of Users and SNR in WLAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SNR / SNR  
キーワード(2)(和/英) CSMA/CA / CSMA/CA  
キーワード(3)(和/英) 通信路選択 / Channel Selection  
キーワード(4)(和/英) 802.11a / 802.11a  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥立 大雅 / Taiga Okutate / オクタテ タイガ
第1著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡 育生 / Ikuo Oka / オカ イクオ
第2著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 阿多 信吾 / Shingo Ata / アタ シンゴ
第3著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-25 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2019-19 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.149 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IT-2019-07-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会