お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-24 13:45
高位設計フローにベイズ最適化法を応用した設計空間探索
中山亮平東大)・粟野皓光阪大)・池田 誠東大ISEC2019-57 SITE2019-51 BioX2019-49 HWS2019-52 ICSS2019-55 EMM2019-60
抄録 (和) 回路規模がますます増大する昨今において,記述の抽象度が低いハードウェア設計言語ではなく,抽象度の高い高級プログラミング言語を用いて回路設計を行う高位合成技術が注目を集めている.
一方で,高位合成に必要な動作周波数,ループ制約等の設計パラメータを決定するためには,効率的に設計空間を探索することが重要となる.
本発表では,設計パラメータの探索にベイズ最適化法を用いて,局所解を避けながら最適解を求める手法を提案する. 
(英) Now that circuit scale is increasing, high-level synthesis technology that designs circuits using high-level programming languages with high abstraction levels, rather than hardware design languages with low abstraction levels, is drawing attention.
On the other hand, it is important to search the design space efficiently in order to determine the design parameters such as the operating frequency and loop constraints required for high-level synthesis.
In this presentation, we propose a method to find the optimal solution while avoiding local solutions by using Bayesian optimization for design parameter search.
キーワード (和) 高位合成 / ベイズ最適化 / 設計空間探索 / モンゴメリ乗算 / RNS (Residue Number System) 表現 / / /  
(英) High-Level Synthesis / Bayesian Optimization / Design Space Search / Montgomery Multiplication / Residue Number System / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 143, HWS2019-52, pp. 369-374, 2019年7月.
資料番号 HWS2019-52 
発行日 2019-07-16 (ISEC, SITE, BioX, HWS, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ISEC2019-57 SITE2019-51 BioX2019-49 HWS2019-52 ICSS2019-55 EMM2019-60

研究会情報
研究会 ISEC SITE ICSS EMM HWS BioX IPSJ-CSEC IPSJ-SPT 
開催期間 2019-07-23 - 2019-07-24 
開催地(和) 高知工科大学 
開催地(英) Kochi University of Technology 
テーマ(和) セキュリティ、一般 
テーマ(英) Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HWS 
会議コード 2019-07-ISEC-SITE-ICSS-EMM-HWS-BioX-CSEC-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高位設計フローにベイズ最適化法を応用した設計空間探索 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design Space Search Applying Bayesian Optimization to High-level Design Flow 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高位合成 / High-Level Synthesis  
キーワード(2)(和/英) ベイズ最適化 / Bayesian Optimization  
キーワード(3)(和/英) 設計空間探索 / Design Space Search  
キーワード(4)(和/英) モンゴメリ乗算 / Montgomery Multiplication  
キーワード(5)(和/英) RNS (Residue Number System) 表現 / Residue Number System  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中山 亮平 / Ryohei Nakayama / ナカヤマ リョウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 粟野 皓光 / Hiromitsu Awano / アワノ ヒロミツ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 誠 / Makoto Ikeda / イケダ マコト
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-24 13:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HWS 
資料番号 IEICE-ISEC2019-57,IEICE-SITE2019-51,IEICE-BioX2019-49,IEICE-HWS2019-52,IEICE-ICSS2019-55,IEICE-EMM2019-60 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.140(ISEC), no.141(SITE), no.142(BioX), no.143(HWS), no.144(ICSS), no.145(EMM) 
ページ範囲 pp.369-374 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ISEC-2019-07-16,IEICE-SITE-2019-07-16,IEICE-BioX-2019-07-16,IEICE-HWS-2019-07-16,IEICE-ICSS-2019-07-16,IEICE-EMM-2019-07-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会