電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-24 14:10
楕円曲線に基づく匿名公開鍵証明書
大石和臣静岡理工科大
抄録 (和) 匿名公開鍵証明書はエンティティの匿名性を保証できる公開鍵証明書であり,プライバシ保護が求められるアプリケーションに有用である.匿名公開鍵証明書の発行処理におけるエンティティの負荷が小さく,使い捨てに適する方式が有限体上の離散対数問題に基づき提案されている.本稿では,楕円曲線上の離散対数問題に基づく匿名公開鍵証明書を具体的に示し,その特徴について考察する. 
(英) Anonymous public-key certificates can guarantee anonymity of the certificate users and are useful for applications in which privacy protection of users is required. In previously proposed schemes, communication and computation complexities of user is low when certificates are issued, so that they are suitable for one-time usage. In this manuscript, concrete schemes of anonymous pulic-key certificates based on elliptic curve are shown and its properties are discussed.
キーワード (和) 公開鍵証明書 / 匿名 / プライバシ保護 / 離散対数問題 / 楕円曲線 / IPsec / IKE /  
(英) public-key certificates / anonymity / privacy protection / discrete logarithm problem / elliptic curve / IPsec / IKE (Internet Key Exchange) /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 140, ISEC2019-53, pp. 347-352, 2019年7月.
資料番号 ISEC2019-53 
発行日 2019-07-16 (ISEC, SITE, BioX, HWS, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC SITE ICSS EMM HWS BioX IPSJ-CSEC IPSJ-SPT 
開催期間 2019-07-23 - 2019-07-24 
開催地(和) 高知工科大学 
開催地(英) Kochi University of Technology 
テーマ(和) セキュリティ、一般 
テーマ(英) Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2019-07-ISEC-SITE-ICSS-EMM-HWS-BioX-CSEC-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 楕円曲線に基づく匿名公開鍵証明書 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Anonymous Public-Key Certificates based on Elliptic Curve 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 公開鍵証明書 / public-key certificates  
キーワード(2)(和/英) 匿名 / anonymity  
キーワード(3)(和/英) プライバシ保護 / privacy protection  
キーワード(4)(和/英) 離散対数問題 / discrete logarithm problem  
キーワード(5)(和/英) 楕円曲線 / elliptic curve  
キーワード(6)(和/英) IPsec / IPsec  
キーワード(7)(和/英) IKE / IKE (Internet Key Exchange)  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大石 和臣 / Kazuomi Oishi / オオイシ カズオミ
第1著者 所属(和/英) 静岡理工科大学 (略称: 静岡理工科大)
Shizuoka Instutute of Science and Technology (略称: SIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-24 14:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2019-53,IEICE-SITE2019-47,IEICE-BioX2019-45,IEICE-HWS2019-48,IEICE-ICSS2019-51,IEICE-EMM2019-56 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.140(ISEC), no.141(SITE), no.142(BioX), no.143(HWS), no.144(ICSS), no.145(EMM) 
ページ範囲 pp.347-352 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ISEC-2019-07-16,IEICE-SITE-2019-07-16,IEICE-BioX-2019-07-16,IEICE-HWS-2019-07-16,IEICE-ICSS-2019-07-16,IEICE-EMM-2019-07-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会