電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-23 13:35
ICチップレベル消費電流シミュレーションによる暗号モジュールのサイドチャネル漏洩評価
安田一樹門田和樹月岡暉裕三浦典之永田 真神戸大
抄録 (和) 情報化社会の発展に伴い、半導体集積回路(ICチップ)技術による暗号モジュールにおいて電源ノイズによるサイドチャネル情報漏洩が課題となっており、電源ノイズの評価が必要である。本研究ではICチップに搭載される暗号エンジンの電源消費電流について、トランジスタ素子モデルによるチップレベルのシミュレーションを効率化する手法を提案する。評価対象チップはAdvanced Encryption Standard(AES)暗号を搭載している。対象ファイルは2つある。一つはRTLと呼ばれる論理の動作をレジスタ間の転送と論理演算の組み合わせを記述したものから論理合成を行ったネットリスト、もう一つは論理合成したネットリストを用いて配置配線を行ったネットリストである。チップの動作シミュレーションを行い電源消費電流の波形を取得する。取得した波形データを用いてCPAを行い、電源ノイズ評価を行った。 
(英) With the development of the information society, side-channel information leakage due to power supply noise in a cryptographic module using semiconductor integrated circuit (IC chip) technology has become an issue. In this research, we propose a method to make chip level simulation efficient by using a transistor device model for power consumption current of a cryptographic engine mounted on an IC chip. The chip to be evaluated is equipped with the Advanced Encryption Standard (AES) encryption. There are two target files. One is a netlist in which logic operation called RTL is described from combination of transfer between register and logic operation and logic synthesis is performed, and the other is netlist in which placement and routing are performed using logic synthesized netlist. We operated simulation during cryptographic and obtained the waveform of the wire consumption current. We operate CPA using the acquired waveform data, and power supply noise evaluation was performed.
キーワード (和) ICチップ / 電源ノイズ / 暗号モジュール / サイドチャネル情報漏洩 / AES / シミュレーション / /  
(英) IC chip / Power Noise / Crypto Modules / Side-channel leakage / AES / simulation / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 143, HWS2019-22, pp. 139-143, 2019年7月.
資料番号 HWS2019-22 
発行日 2019-07-16 (ISEC, SITE, BioX, HWS, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC SITE ICSS EMM HWS BioX IPSJ-CSEC IPSJ-SPT 
開催期間 2019-07-23 - 2019-07-24 
開催地(和) 高知工科大学 
開催地(英) Kochi University of Technology 
テーマ(和) セキュリティ、一般 
テーマ(英) Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HWS 
会議コード 2019-07-ISEC-SITE-ICSS-EMM-HWS-BioX-CSEC-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ICチップレベル消費電流シミュレーションによる暗号モジュールのサイドチャネル漏洩評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Side-channel leakage evaluation of cryptographic module by IC chip level consumption simulation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ICチップ / IC chip  
キーワード(2)(和/英) 電源ノイズ / Power Noise  
キーワード(3)(和/英) 暗号モジュール / Crypto Modules  
キーワード(4)(和/英) サイドチャネル情報漏洩 / Side-channel leakage  
キーワード(5)(和/英) AES / AES  
キーワード(6)(和/英) シミュレーション / simulation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 安田 一樹 / Kazuki Yasuda / ヤスダ カズキ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 門田 和樹 / Kazuki Monta / モンタ カズキ
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 月岡 暉裕 / Akihiro Tsukioka / ツキオカ アキヒロ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 典之 / Noriyuki Miura / ミウラ ノリユキ
第4著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 永田 真 / Makoto Nagata / ナガタ マコト
第5著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-23 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HWS 
資料番号 IEICE-ISEC2019-27,IEICE-SITE2019-21,IEICE-BioX2019-19,IEICE-HWS2019-22,IEICE-ICSS2019-25,IEICE-EMM2019-30 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.140(ISEC), no.141(SITE), no.142(BioX), no.143(HWS), no.144(ICSS), no.145(EMM) 
ページ範囲 pp.139-143 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ISEC-2019-07-16,IEICE-SITE-2019-07-16,IEICE-BioX-2019-07-16,IEICE-HWS-2019-07-16,IEICE-ICSS-2019-07-16,IEICE-EMM-2019-07-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会