電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-23 13:35
クラウドセンシング向け失効可能グループ署名における匿名性の強化
中澤勇人中西 透広島大
抄録 (和) クラウドセンシングでは,モバイル端末を携帯した多数のユーザが移動中に環境データや混雑状況をユーザの位置情報とともにサーバに送信し,サーバがデータを分析することにより,都市レベルでの環境モニタリングや混雑予測を行う.クラウドセンシングにおいて,プライバシーを保護した効率的なユーザ認証を実現するために,ユーザ側の負担を軽減し,高速に失効確認が行える失効可能グループ署名が提案されている.しかし,この従来方式では,
署名中に含まれる署名回数が漏えいするため,匿名性に問題がある.そこで,本研究では,匿名性を強化した効率的な失効可能グループ署名を提案する.そして,PC 実装によりその実用性を示す. 
(英) In crowdsensing, many users carrying mobile terminals send environmental data and congestion status to the server together with the user’s location information, and the server analyzes the data to perform environmental monitoring and congestion forecast at the city level. In crowdsensing, in order to realize efficient user authentication with privacy protection, a revocable group signature scheme has been proposed, where the burden on the user side is reduced and the revocation check is performed at high speed. However, in this previous scheme, there is a problem on anonymity, because the number of use of signatures included in the signature leaks. Therefore, in this research, we propose an efficient revocable group signature with the enhanced anonymity. In addition, the practicality is shown by experiments based on implementation on a PC.
キーワード (和) クラウドセンシング / 失効可能グループ署名 / 検証者ローカル失効 / ペアリング / / / /  
(英) Crowdsensing / Revocable Group Signature / Verifier-Local Revocation / Pairing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 140, ISEC2019-22, pp. 107-112, 2019年7月.
資料番号 ISEC2019-22 
発行日 2019-07-16 (ISEC, SITE, BioX, HWS, ICSS, EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ISEC SITE ICSS EMM HWS BioX IPSJ-CSEC IPSJ-SPT 
開催期間 2019-07-23 - 2019-07-24 
開催地(和) 高知工科大学 
開催地(英) Kochi University of Technology 
テーマ(和) セキュリティ、一般 
テーマ(英) Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ISEC 
会議コード 2019-07-ISEC-SITE-ICSS-EMM-HWS-BioX-CSEC-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) クラウドセンシング向け失効可能グループ署名における匿名性の強化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Revocable Group Signature Scheme with Strong Anonymity for Crowdsensing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) クラウドセンシング / Crowdsensing  
キーワード(2)(和/英) 失効可能グループ署名 / Revocable Group Signature  
キーワード(3)(和/英) 検証者ローカル失効 / Verifier-Local Revocation  
キーワード(4)(和/英) ペアリング / Pairing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中澤 勇人 / Yuto Nakazawa / ナカザワ ユウト
第1著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中西 透 / Toru Nakanishi / ナカニシ トオル
第2著者 所属(和/英) 広島大学 (略称: 広島大)
Hiroshima University (略称: Hiroshima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-23 13:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ISEC 
資料番号 IEICE-ISEC2019-22,IEICE-SITE2019-16,IEICE-BioX2019-14,IEICE-HWS2019-17,IEICE-ICSS2019-20,IEICE-EMM2019-25 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.140(ISEC), no.141(SITE), no.142(BioX), no.143(HWS), no.144(ICSS), no.145(EMM) 
ページ範囲 pp.107-112 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ISEC-2019-07-16,IEICE-SITE-2019-07-16,IEICE-BioX-2019-07-16,IEICE-HWS-2019-07-16,IEICE-ICSS-2019-07-16,IEICE-EMM-2019-07-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会