電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-20 10:30
左体性感覚野に対する高精度少電極数脳内信号源推定
清水達矢芥川正武榎本崇宏徳島大)・七條文雄鈴江病院)・古川和彦徳島県鳴門病院)・加治芳雄徳島文理大)・木内陽介徳島大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 脳波(EEG)計測は低侵襲かつ時間分解能に優れた脳機能計測であり,他の計測法と比べ装置が小型かつ安価であるため,設置環境が制限されず可搬性にも優れている.また,EEGから信号源である賦活部位を推定する技術はBrain Machine Interface(BMI)などへの応用が期待されている.しかし,EEGを用いて脳内の信号源を推定する場合非常に多くの電極数が必要であり,コストの削減や装着時間の短縮が課題となっている.
本研究では左体性感覚野を対象領野に選び,右正中神経を電気刺激して誘発される体性感覚誘発電位(SEP)を用いて信号源推定を行った.また,電極配置法に国際10-20法と局在電極配置法(LEL)でそれぞれSEPを記録した.さらに,右尺骨神経に対しても同様に電気刺激を行いSEPを記録,それらをsLORETAを用いて信号源推定し,推定結果を比較することでLELの有用性を検討する. 
(英) The electroencephalogram (EEG) is one of the familiar methods to estimate the activated brain area in the field of brain machine interface (BMI). However, many electrodes are necessary to carry out accurate estimation of activated brain area. This causes an increase in cost and installation time. In this study, the authors propose a electrodes placement system called by lopsided electrode layout(LEL). To examine applicability of LEL, the authors investigate a performance of source localization by sLORETA by using the 10-20 system and LEL.As results of them, applicability of LEL is confirmed.
キーワード (和) 脳波 / 信号源推定 / sLORETA / 局在電極配置 / 左体性感覚野 / SEP / /  
(英) EEG / Source localization / sLORETA / Eccentrically located electrodes / Left somatosensory area / SEP / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 137, MBE2019-19, pp. 1-6, 2019年7月.
資料番号 MBE2019-19 
発行日 2019-07-13 (MBE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MBE  
開催期間 2019-07-20 - 2019-07-20 
開催地(和) 徳島大学 
開催地(英)  
テーマ(和) ME, 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MBE 
会議コード 2019-07-MBE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 左体性感覚野に対する高精度少電極数脳内信号源推定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Accurate EEG source localization using small number of electrodes for left somatosensory area 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 脳波 / EEG  
キーワード(2)(和/英) 信号源推定 / Source localization  
キーワード(3)(和/英) sLORETA / sLORETA  
キーワード(4)(和/英) 局在電極配置 / Eccentrically located electrodes  
キーワード(5)(和/英) 左体性感覚野 / Left somatosensory area  
キーワード(6)(和/英) SEP / SEP  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 達矢 / Tatsuya Shimizu / シミズ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 芥川 正武 / Masatake Akutagawa / アクタガワ マサタケ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 榎本 崇宏 / Takahiro Emoto / エモト タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 七條 文雄 / Humio Shichijo / シチジョウ フミオ
第4著者 所属(和/英) 鈴江病院 (略称: 鈴江病院)
Suzue Hospital (略称: Suzue Hospital)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 和彦 / Kazuhiko Hurukawa / フルカワ カズヒコ
第5著者 所属(和/英) 徳島県鳴門病院 (略称: 徳島県鳴門病院)
Tokushima Prefecture Naruto Hospital (略称: Tokushima Prefecture Naruto Hospital)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 加治 芳雄 / Yoshio Kaji / カジ ヨシオ
第6著者 所属(和/英) 徳島文理大学 (略称: 徳島文理大)
Tokushima Bunri University (略称: Tokushima Bunri Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 木内 陽介 / Yosuke Kinouchi / キノウチ ヨウスケ
第7著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-20 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MBE 
資料番号 IEICE-MBE2019-19 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.137 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MBE-2019-07-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会