電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-19 15:05
[依頼講演]30~100GHzの電波と可視光における都市部クラッター損失の検討
石本克月市坪信一九工大)・表 英毅ソフトバンク)・藤井輝也東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 衛星や航空機による通信と携帯電話システム等の陸上移動通信との共用を図るために、地物による損失(クラッター損失)の検討がITU-R SG3で進められている。クラッター損失の仰角特性を明らかにするために、従来推定式から仰角に対するクラッター損失のカーブを求めた。また、光の領域におけるクラッター損失のモデルを提案した。さらに都市のスケールモデルを用いて可視光でのクラッター損失を測定して、提案モデルと比較した。その結果、測定値は提案モデルに近いことがわかった。マイクロ波帯の従来推定式のカーブとTHz帯に相当するスケールモデル測定結果はITU-Rのモデルと比較された。 
(英) In order to promote common use with a satellite or an airplane communication and land mobile communications such as a cellular system, the examination of the loss (clatter loss) which occurs with a buildings etc. is advanced by ITU-R SG3. In order to clarify the elevation angle characteristics of a clatter loss, the clutter loss was derived using the conventional prediction equation for path loss. Then, we propose the model of the clutter loss in a domain of light. Furthermore, we measured the clutter loss using visible light in urban scale model, and compared with the proposal model. As the result, it became clear that the measured values are close to the proposal model. The curve of the conventional prediction equation on microwave band and the scale model measurement result on THz band were compared with the ITU-R P.2108 model.
キーワード (和) 電波伝搬 / 伝搬損失 / クラッター損失 / スケールモデル / 仰角特性 / / /  
(英) Radio Propagation / Propagation Loss / Clutter Loss / Scale Model / Elevation Angle Characteristic / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 120, AP2019-42, pp. 113-117, 2019年7月.
資料番号 AP2019-42 
発行日 2019-07-10 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SANE SAT  
開催期間 2019-07-17 - 2019-07-19 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 地下電磁計測,衛星通信,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Subsurface Electromagnetic Measurements, Sattelite Communication, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2019-07-AP-SANE-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 30~100GHzの電波と可視光における都市部クラッター損失の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Examination of the Urban-Areas Clutter Loss for Radio Wave of 30-100 GHz and Visible Light 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波伝搬 / Radio Propagation  
キーワード(2)(和/英) 伝搬損失 / Propagation Loss  
キーワード(3)(和/英) クラッター損失 / Clutter Loss  
キーワード(4)(和/英) スケールモデル / Scale Model  
キーワード(5)(和/英) 仰角特性 / Elevation Angle Characteristic  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石本 克月 / Katsuki Ishimoto / イシモト カツキ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 市坪 信一 / Ichitsubo Shinichi / イチツボ シンイチ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 表 英毅 / Omote Hideki / オモテ ヒデキ
第3著者 所属(和/英) ソフトバンク株式会社 (略称: ソフトバンク)
SoftBank Corp. (略称: SoftBank)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 輝也 / Hujii Teruya / フジイ テルヤ
第4著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-19 15:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2019-42 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.120 
ページ範囲 pp.113-117 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-AP-2019-07-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会