電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-19 11:15
最大誤差推定方式に基づく無人航空機を用いた位置検出手法の特性評価
堀川裕貴石川博康日大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無人航空機システム(UAS: Unmanned Aircraft System)は,無人航空機(UAV: Unmanned Aerial Vehicle) と地上局から構成されており,UAV が周回飛行することで生じるUAV-ユーザ端末間における送受信信号のドッ プラーシフトを観測することによりユーザ位置の検出が可能である.我々はこれまで,無人航空機を用いた位置検出手法について測位精度指標に基づく最大誤差推定方式を提案し,その有効性を検証してきた.そこで本研究では,同推定方式を用いて2機のUAVが円旋回飛行するモデルにおける位置検出精度の特性評価を,UAVの高度差及び回転方向の位相差をパラメータとして実施したので,その結果について報告する. 
(英) A typical Unmanned aircraft system (UAS) is composed of several unmanned aerial vehicles (UAVs) and a ground station. It is possible to detect a user position by observing Doppler shifts caused in the transmission/reception signals between the UAVs and the user terminal. We previously proposed the maximum positioning error estimation method based on the positioning accuracy index for the position detection method using UAVs, and verified its effectiveness by computer simulation. In this research, the maximum positioning error estimation method is utilized to characterize the accuracy of user position detection in a model that two UAVs with circularly flying routes, and their performance evaluation results are reported by changing the height separation and the rotational phase offset between two UAVs.
キーワード (和) 無人航空機 / 最大誤差推定方式 / ドップラーシフト / 測位精度指標 / 位置検出精度 / / /  
(英) unmanned aerial vehicle / maximum positioning error estimation method / Doppler shift / positioning accuracy index / position detection accuracy / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 122, SAT2019-16, pp. 43-48, 2019年7月.
資料番号 SAT2019-16 
発行日 2019-07-10 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SANE SAT  
開催期間 2019-07-17 - 2019-07-19 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 地下電磁計測,衛星通信,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Subsurface Electromagnetic Measurements, Sattelite Communication, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2019-07-AP-SANE-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 最大誤差推定方式に基づく無人航空機を用いた位置検出手法の特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance evaluations of position detection method using unmanned aerial vehicles based on maximum positioning error estimation method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無人航空機 / unmanned aerial vehicle  
キーワード(2)(和/英) 最大誤差推定方式 / maximum positioning error estimation method  
キーワード(3)(和/英) ドップラーシフト / Doppler shift  
キーワード(4)(和/英) 測位精度指標 / positioning accuracy index  
キーワード(5)(和/英) 位置検出精度 / position detection accuracy  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 堀川 裕貴 / Yuki Horikawa / ホリカワ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石川 博康 / Hiroyasu Ishikawa / イシカワ ヒロヤス
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-19 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2019-16 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.122 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2019-07-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会