電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-19 12:40
土木工事における合成開口レーダを用いた動態観測の検討
中谷匡志井ノ口拓郎山本浩之安藤ハザマ)・佐藤源之東北大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 震災復旧の大規模土工事において,17GHz帯のGB-SARを用いた掘削のり面の動態観測を実施した.観測結果については,現場事務所で閲覧可能なシステムを構築し,日々の施工管理に活用した.また,同一期間に実施したGNSS計測の結果と比較したところ,変状が発生した場合には高い相関を示し,従来技術と同様の変位検知能力を有することを確認した. 
(英) In large-scale civil construction for restoration of earthquake disasters, monitoring of cutting slopes was performed using GB-SAR in the 17 GHz band. About monitoring results, a system was constructed that can be viewed in the on-site office, and used it for daily construction management. Moreover, when compared with the result of GNSS measurement performed in the same period, when displacement occurs, high correlation is confirmed. Therefore, it is considered to have the same displacement detection capability as the conventional method.
キーワード (和) GB-SAR / 土木工事 / 安全管理 / / / / /  
(英) GB-SAR / Civil engineering works / Safety management / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 121, SANE2019-30, pp. 67-71, 2019年7月.
資料番号 SANE2019-30 
発行日 2019-07-10 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SANE SAT  
開催期間 2019-07-17 - 2019-07-19 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 地下電磁計測,衛星通信,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Subsurface Electromagnetic Measurements, Sattelite Communication, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2019-07-AP-SANE-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 土木工事における合成開口レーダを用いた動態観測の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Examination of monitoring of cutting surface using GB-SAR in civil engineering works 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) GB-SAR / GB-SAR  
キーワード(2)(和/英) 土木工事 / Civil engineering works  
キーワード(3)(和/英) 安全管理 / Safety management  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中谷 匡志 / Masashi Nakaya / ナカヤ マサシ
第1著者 所属(和/英) 安藤ハザマ (略称: 安藤ハザマ)
Hazama Ando Corp. (略称: Hazama Ando Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 井ノ口 拓郎 / Takuro Inokuchi / イノクチ タクロウ
第2著者 所属(和/英) 安藤ハザマ (略称: 安藤ハザマ)
Hazama Ando Corp. (略称: Hazama Ando Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 浩之 / Hiroyuki Yamamoto / ヤマモト ヒロユキ
第3著者 所属(和/英) 安藤ハザマ (略称: 安藤ハザマ)
Hazama Ando Corp. (略称: Hazama Ando Corp.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 源之 / Motoyuki Sato /
第4著者 所属(和/英) 東北大学 東北アジア研究センター (略称: 東北大)
CNEAS, Tohoku University (略称: CNEAS, Tohoku University)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-19 12:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2019-30 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.121 
ページ範囲 pp.67-71 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-SANE-2019-07-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会