電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-19 13:05
実時間地滑りモニタリングのためのGB-SARと空間データ処理の統合
デニマ ケニーバレンタイン佐藤源之Tohoku Univ.
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) This study is the continuation of landslide investigation and retrieval in Minami Aso, Kumamoto Prefecture, Japan. Ground-based Synthetic Aperture Radar (GB-SAR) system has been installed in Minami Aso facing through the landslide field to monitor the surface movements. The additional Digital Elevation Model (DEM) acquired by the UAV measurement was provided to correspond with the acquired SAR data. The spatial data processing was applied to correspond each point among the pair data so-called georeferencing technique which required the matching Ground Control Points (GCPs) among the pair data. Therefore, the Global Positioning System (GPS) tracking was conducted to acquire the coordinate information in the actual field conducted in the thirteen corner reflectors and the GB-SAR position. Spatial data processing successfully integrated the real-time GB-SAR measurement, UAV data, and GPS data projected in the same coordinate projection of Datum JGD2000 Zone 52N. The LOS difference of obtained measurements was corrected by the rotation matrix. The results show the successful 3D real-time landslide monitoring. 
(英) This study is the continuation of landslide investigation and retrieval in Minami Aso, Kumamoto Prefecture, Japan. Ground-based Synthetic Aperture Radar (GB-SAR) system has been installed in Minami Aso facing through the landslide field to monitor the surface movements. The additional Digital Elevation Model (DEM) acquired by the UAV measurement was provided to correspond with the acquired SAR data. The spatial data processing was applied to correspond each point among the pair data so-called georeferencing technique which required the matching Ground Control Points (GCPs) among the pair data. Therefore, the Global Positioning System (GPS) tracking was conducted to acquire the coordinate information in the actual field conducted in the thirteen corner reflectors and the GB-SAR position. Spatial data processing successfully integrated the real-time GB-SAR measurement, UAV data, and GPS data projected in the same coordinate projection of Datum JGD2000 Zone 52N. The LOS difference of obtained measurements was corrected by the rotation matrix. The results show the successful 3D real-time landslide monitoring.
キーワード (和) Landslide / Ground-Based Synthetic Aperture Radar (GB-SAR) / Spatial Data Processing / Real-Time Monitoring / / / /  
(英) Landslide / Ground-Based Synthetic Aperture Radar (GB-SAR) / Spatial Data Processing / Real-Time Monitoring / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 121, SANE2019-31, pp. 73-78, 2019年7月.
資料番号 SANE2019-31 
発行日 2019-07-10 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SANE SAT  
開催期間 2019-07-17 - 2019-07-19 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 地下電磁計測,衛星通信,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Subsurface Electromagnetic Measurements, Sattelite Communication, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2019-07-AP-SANE-SAT 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 実時間地滑りモニタリングのためのGB-SARと空間データ処理の統合 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Integration of GB-SAR and Spatial Data Processing for Real-Time Landslide Monitoring 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Landslide / Landslide  
キーワード(2)(和/英) Ground-Based Synthetic Aperture Radar (GB-SAR) / Ground-Based Synthetic Aperture Radar (GB-SAR)  
キーワード(3)(和/英) Spatial Data Processing / Spatial Data Processing  
キーワード(4)(和/英) Real-Time Monitoring / Real-Time Monitoring  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) デニマ ケニーバレンタイン / Delima Canny Valentine /
第1著者 所属(和/英) Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 源之 / Motoyuki Sato /
第2著者 所属(和/英) Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-19 13:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2019-31 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.121 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2019-07-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会