電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-18 10:20
TCPを用いたインタラクティブ三感通信のためのレート制御方式がQoEに及ぼす影響
伊藤篤則布目敏郎名工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本報告では,TCPによる音声・ビデオ・力覚メディアのインタラクティブ三感通信において,輻輳を抑制するために発生レートの高い
力覚メディアの送信レートを制御する方式を提案する.
従来の研究では,音声・ビデオ・力覚メディアのインタラクティブ三感通信において,QoE向上のためのメディア適応型メディア内同期制御が
提案されている.現在のインターネット上の通信はTCPが多く用いられている.
TCPでインタラクティブ三感通信を行うと,再送制御などによって遅延が発生し,メディアの出力品質を大きく損ねてしまう.
通信の状態によって力覚メディアの送信を抑えることで,メディアの品質を保ちながらQoEの向上を図っていく.
本報告では,力覚メディアのレート制御の判断にアプリケーションレベルQoSを用いる.主観評価実験により,レート制御方式を用いることで
TCPでもUDPと同様に三感通信が実現可能であることを示す. 
(英) In this report, we propose a method to control the transmission rate of haptic media to suppress congestion in audiovisual and haptic interactive communications using TCP.
The previous study has proposed a media-adaptive buffering control for QoE enhancement of audiovisual and haptic interactive communications.
Most of the communications on the Internet use TCP.
When we communicate audiovisual and haptic using TCP, communication delay occurs by such as retransmission control, and media output quality degrades.
We control the media transmission according to network condition and enhance QoE.
We employ application-level QoS in the judgment of rate control of haptic media.
Through a subjective experiment, we show that the interactive communication of audiovisual and haptic using TCP is feasible as using UDP.
キーワード (和) インタラクティブ通信 / ビデオ・音声・力覚メディア / QoE / TCP / / / /  
(英) interactive communication / audiovisual and haptic / QoE / TCP / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 125, CQ2019-35, pp. 13-18, 2019年7月.
資料番号 CQ2019-35 
発行日 2019-07-11 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2019-07-18 - 2019-07-19 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata Univ. 
テーマ(和) QoE と QoS の評価・計測・制御,一般 
テーマ(英) Assessment, Measurement and Control of QoE and QoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-07-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TCPを用いたインタラクティブ三感通信のためのレート制御方式がQoEに及ぼす影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Effect of Rate Control Methods on QoE for Audiovisual and Haptic Interactive Communications Using TCP 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) インタラクティブ通信 / interactive communication  
キーワード(2)(和/英) ビデオ・音声・力覚メディア / audiovisual and haptic  
キーワード(3)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(4)(和/英) TCP / TCP  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 篤則 / Atsunori Ito / イトウ アツノリ
第1著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 布目 敏郎 / Toshiro Nunome / ヌノメ トシロウ
第2著者 所属(和/英) 名古屋工業大学 (略称: 名工大)
Nagoya Institute of Technology (略称: Nagoya Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-18 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2019-35 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.125 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CQ-2019-07-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会