電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-18 13:00
[ポスター講演]情報指向ネットワークに基づく安否情報確認サービスの研究開発
李 騰山﨑達也新潟大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 地震大国である日本にとって,災害時の安否確認はとても重要である.現在,災害時にインターネット上で安否確認の登録と検索をするサーバ集中形のサービスがいくつか提供されている.しかし,災害時に多数のユーザがサービスを一斉に利用する状況に対して備えるめ,サーバの過負荷やインターネットの輻輳などを回避することを目的とした,分散形のサービスが必要である.そこで本稿では,災害時における情報指向ネットワークに基づく安否情報確認サービスを提案する.また,提案方式の検証のためのシミュレーションシナリオの構築について述べる. 
(英) Safety confirmation at the time of disaster is very important in Japan known as a large earthquake country. Several server-centric services are currently provided to register and search safety confirmation information at the time of disaster on the Internet. However,in order to prepare for a situation where many users use services simultaneously,distributed information services are needed to avoid overload of servers and congestion of the Internet. In this paper,we propose a safety confirmation service based on information centric networking at the time of disaster. In addition,in order to verify the proposed method,construction of simulation scenario is described.
キーワード (和) 情報指向ネットワーク / 災害時 / 安否確認 / シミュレーション / / / /  
(英) Information Centric Networking / Disaster / Safety confirmation / Simulation / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 125, CQ2019-46, pp. 57-59, 2019年7月.
資料番号 CQ2019-46 
発行日 2019-07-11 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2019-07-18 - 2019-07-19 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata Univ. 
テーマ(和) QoE と QoS の評価・計測・制御,一般 
テーマ(英) Assessment, Measurement and Control of QoE and QoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-07-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 情報指向ネットワークに基づく安否情報確認サービスの研究開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on ICN-based Safety Information Delivery in Disasters 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報指向ネットワーク / Information Centric Networking  
キーワード(2)(和/英) 災害時 / Disaster  
キーワード(3)(和/英) 安否確認 / Safety confirmation  
キーワード(4)(和/英) シミュレーション / Simulation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 騰 / Li Teng / リ トウ
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山﨑 達也 / Tatsuya Ymazaki / ヤマザキ タツヤ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-18 13:00:00 
発表時間 90 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2019-46 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.125 
ページ範囲 pp.57-59 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-CQ-2019-07-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会