電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-18 15:10
[特別招待講演]通信行動工学の理論と応用
新井田 統KDDI総合研究所
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) コミュニケーションクオリティ(CQ)研究会の設立から27年が経ち,通信サービスを取り巻く環境は大きく変化した.その変化に対応する一つの活動として,通信行動工学(CBE)研究会が立ち上がり,「人を含む通信ネットワークシステムをどのように構築するのか?」という研究課題に対して,システムと人の両面から学際的アプローチで研究を行ってきた.本稿では,CBE研究会での研究対象や手法の特徴について,関連する研究分野での変化を参照して論じ,今後行われるべき研究について述べる. 
(英) 27 years have passed since the establishment of the technical committee on Communication Quality (CQ), and the environment which surrounds the communication service has greatly changed. As one activity in proportion to the change, the technical committee on Communication Behavior Engineering (CBE) is tackle the research question "How do we design communication network systems including users?" by interdisciplinary approach from both sides of user and system. In this paper, features of research object and methodology in technical committee on CBE is discussed referring to the change in the related research field, and the research to be carried out in future is described.
キーワード (和) コミュニケーションクオリティ / 通信行動工学 / 研究パラダイム / / / / /  
(英) Communication Quality / Communication Behavior Engineering / Research Paradigm / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 125, CQ2019-50, pp. 67-71, 2019年7月.
資料番号 CQ2019-50 
発行日 2019-07-11 (CQ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CQ  
開催期間 2019-07-18 - 2019-07-19 
開催地(和) 新潟大学 
開催地(英) Niigata Univ. 
テーマ(和) QoE と QoS の評価・計測・制御,一般 
テーマ(英) Assessment, Measurement and Control of QoE and QoS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CQ 
会議コード 2019-07-CQ 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 通信行動工学の理論と応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Theories and Applications of Communication Behavior Engineering 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コミュニケーションクオリティ / Communication Quality  
キーワード(2)(和/英) 通信行動工学 / Communication Behavior Engineering  
キーワード(3)(和/英) 研究パラダイム / Research Paradigm  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井田 統 / Sumaru Niida / ニイダ スマル
第1著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc. (略称: KDDI Research)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-18 15:10:00 
発表時間 40 
申込先研究会 CQ 
資料番号 IEICE-CQ2019-50 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.125 
ページ範囲 pp.67-71 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CQ-2019-07-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会