電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-18 11:15
THz帯におけるKretschmann及びOtto型表面プラズモン共鳴導波路センサ
光武功太柴山 純山内潤治中野久松法政大EMT2019-23 MW2019-36 OPE2019-27 EST2019-25 MWP2019-23
抄録 (和) Kretschmann及びOtto構造を採用したTHz帯における表面プラズモン共鳴(SPR)導波路センサを提案する.
まず, Kretschmann型SPR導波路センサの検討を行う.
センサ構造を三層モデルに近似し, Fresnelの式を用いて反射率を見積もる.
導波路の入射角を反射率の最も低下するrm 45$^circ$に決定する.
次に, 有限差分時間領域法を用いて導波路センサの周波数に対するSPR応答を計算する.
三層モデルで予測した値とほぼ一致する周波数でSPRの吸収ピークが生じることを明らかにする.
加えて温度変化に対するSPR応答を調べ, 従来の導波路センサに比べ感度の3倍以上高い水温検知の可能性を示す.
さらに, Otto型SPR導波路センサについても同様に検討を行う.
Kretschmann型では温度によりSPR応答の吸収の鋭さとピーク値が変化するのに対し, Otto型では急峻かつ安定した応答波形が得られることを見出す. 
(英) We propose surface plasmon resonance(SPR) waveguide sensors based on the Kretschmann and Otto configurations in the THz region.
First, we consider the Kretschmann-type SPR waveguide sensor.
The sensor structure is reduced to a three-layer model, and the reflectance is estimated using the Fresnel equation.
The angle of incidence of the waveguide is determined to be rm 45$^circ$, where the reflectance becomes minimum.
Next, we calculate the SPR response of the waveguide sensor using the finite-difference time-domain method.
It is shown that the absorption peak of the SPR occurs at a frequency being almost the same as that predicted by the three-layer model.
In addition, we investigate the SPR response with respect to temperature changes.
The possibility of detecting water temperature is shown with high sensitivity.
We further consider the Otto-type SPR waveguide sensor in the same way.
The Otto-type sensor is found to show a sharp and stable SPR response, when compared to the Kretschmann-type one.
キーワード (和) 表面プラズモン共鳴(SPR)センサ / 表面プラズモンポラリトン(SPP) / Kretschmann構造 / Otto構造 / THz波 / Fresnelの式 / 有限差分時間領域(FDTD)法 /  
(英) Surface plasmon resonance (SPR) sensor / Surface plasmon polariton (SPP) / Kretschmann configuration / Otto configuration / Terahertz (THz) wave / Fresnel equation / Finite-difference time-domain (FDTD) method /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 129, EST2019-25, pp. 101-106, 2019年7月.
資料番号 EST2019-25 
発行日 2019-07-11 (EMT, MW, OPE, EST, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMT2019-23 MW2019-36 OPE2019-27 EST2019-25 MWP2019-23

研究会情報
研究会 MW EST OPE MWP EMT IEE-EMT THz  
開催期間 2019-07-18 - 2019-07-19 
開催地(和) 函館市中央図書館 
開催地(英) Hakodate City Central Library 
テーマ(和) 光・電波ワークショップ 
テーマ(英) Light wave & Electromagnetic Wave Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2019-07-MW-EST-OPE-MWP-EMT-EMT-THz 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) THz帯におけるKretschmann及びOtto型表面プラズモン共鳴導波路センサ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Kretschmann- and Otto-type surface plasmon resonance waveguide sensors in the terahertz region 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 表面プラズモン共鳴(SPR)センサ / Surface plasmon resonance (SPR) sensor  
キーワード(2)(和/英) 表面プラズモンポラリトン(SPP) / Surface plasmon polariton (SPP)  
キーワード(3)(和/英) Kretschmann構造 / Kretschmann configuration  
キーワード(4)(和/英) Otto構造 / Otto configuration  
キーワード(5)(和/英) THz波 / Terahertz (THz) wave  
キーワード(6)(和/英) Fresnelの式 / Fresnel equation  
キーワード(7)(和/英) 有限差分時間領域(FDTD)法 / Finite-difference time-domain (FDTD) method  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 光武 功太 / Kota Mitsutake / ミツタケ コウタ
第1著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
hosei University (略称: Hosei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴山 純 / Jun Shibayama / シバヤマ ジュン
第2著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
hosei University (略称: Hosei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山内 潤治 / Junji Yamauchi / ヤマウチ ジュンジ
第3著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
hosei University (略称: Hosei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 久松 / Hisamatsu Nakano / ナカノ ヒサマツ
第4著者 所属(和/英) 法政大学 (略称: 法政大)
hosei University (略称: Hosei Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-18 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-EMT2019-23,IEICE-MW2019-36,IEICE-OPE2019-27,IEICE-EST2019-25,IEICE-MWP2019-23 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.126(EMT), no.127(MW), no.128(OPE), no.129(EST), no.130(MWP) 
ページ範囲 pp.101-106 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMT-2019-07-11,IEICE-MW-2019-07-11,IEICE-OPE-2019-07-11,IEICE-EST-2019-07-11,IEICE-MWP-2019-07-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会