電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-17 10:25
高分解能 Wバンド雲レーダ FALCON-I による雨滴生成の計測
鷹野敏明樋川恵祐新井智大森田日向笛田 亮河村洋平大矢浩代中田裕之千葉大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 千葉大学では,Wバンド 95GHz の FMCW (周波数変調連続波)型レーダFALCON-I を独自に開発し,雲の観測などに供している.FALCON-I は直径1mのパラボラアンテナ2基で構成されており,ビームのFWHMは 0.18°と高分解能で,これは高度 5 km で 15m の水平方向分解能に相当する.距離分解能は通常 48mで,これは 通常のパルス方式レーダに較べて数倍高い分解能を実現している.FALCON-I は通常観測では 10秒毎に天頂方向を常に観測している.出力電力は 0.5W であり,通常のパルス方式レーダに較べて格段に小さいが,連続波型であるので感度が良く,高度 15 km までの淡い雲を観測可能である.ドプラー観測により,雲の底である高度 5km 付近において,雲を構成している氷粒が融解して水滴となり,直径2mmにおよぶ大きい雨滴が生成され,加速・落下して降雨となる様子や,間欠的に雨滴が生成される様子を詳細に捉えることができた.これらの結果は,FALCON-I の計測の有用性を示し,ゲリラ豪雨などの降雨メカニズム解明などに寄与できると考えられる. 
(英) We have originally developed the FMCW (Frequency Modulated Continuous Wave) Doppler radar named FALCON-I in W-band 95 GHz at Chiba university and use it for cloud observations. FALCON-I consists of two 1m-diameter antennas and has high spatial resolution of 0.18 degree FWHM, which corresponds to 15m FWHM at the height of 5 km. A high range resolution of 48m is realized with the FMCW type radar, which is about several times higher than that of normal pulse type radar. Output power of FALCON-I is as small as 0.5W, which is much smaller than usual pulse type radars. Although its small output power, FALCON-I has enough sensitivities to observe thin clouds at high altitude up to 15 km and has high resolution in Doppler measurements. Using FALCON-I, we have observed melting layer at the cloud bottom, in which ice particles of cloud are melting to water particles and generate raindrops. We observe these raindrops are gathered up to the sizes of 2mm in diameters and accelerated downward. These results show that observations with FALCON-I are useful to investigate mechanism of generation of raindrops in clouds.
キーワード (和) W バンドレーダ / FMCW レーダ / 雲レーダ / 雲観測 / 雨滴 / 粒径分布 / 融解層 /  
(英) W-band radar / FMCW radar / cloud profiling radar / observation of clouds / rain drops / distribution of diameters / melting layer /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 120, AP2019-22, pp. 7-10, 2019年7月.
資料番号 AP2019-22 
発行日 2019-07-10 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP SANE SAT  
開催期間 2019-07-17 - 2019-07-19 
開催地(和) 東北大学 
開催地(英) Tohoku Univ. 
テーマ(和) 地下電磁計測,衛星通信,電波伝搬,一般 
テーマ(英) Subsurface Electromagnetic Measurements, Sattelite Communication, Radio propagation, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2019-07-AP-SANE-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高分解能 Wバンド雲レーダ FALCON-I による雨滴生成の計測 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Observation of Raindrop generation with High Resolution W-band Cloud Radar FALCON-I 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) W バンドレーダ / W-band radar  
キーワード(2)(和/英) FMCW レーダ / FMCW radar  
キーワード(3)(和/英) 雲レーダ / cloud profiling radar  
キーワード(4)(和/英) 雲観測 / observation of clouds  
キーワード(5)(和/英) 雨滴 / rain drops  
キーワード(6)(和/英) 粒径分布 / distribution of diameters  
キーワード(7)(和/英) 融解層 / melting layer  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鷹野 敏明 / Toshiaki Takano / タカノ トシアキ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 樋川 恵祐 / Keisuke Hikawa / ヒカワ ケイスケ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 新井 智大 / Tomohiro Arai / アライ トモヒロ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 日向 / Hyuga Morita / モリタ ヒュウガ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 笛田 亮 / Ryo Fueda / フエダ リョウ
第5著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 河村 洋平 / Yohei Kawamura / カワムラ ヨウヘイ
第6著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 大矢 浩代 / Hiroyo Ohya / オオヤ ヒロヨ
第7著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 中田 裕之 / Hiroyuki Nakata / ナカタ ヒロユキ
第8著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-17 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2019-22 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.120 
ページ範囲 pp.7-10 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2019-07-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会