お知らせ 5月26日~5月29日(日曜日)16:45まで,オンライン参加申込フォームが使用できない状態に
なっていました.PHP7化が未了だったことに加えて,新サーバのインストールモジュールに
不足があったことが原因でした.お詫び申し上げます.

お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-17 11:00
正則化を用いた劣決定条件下での同期同時対角化音源分離
泉 太貴大分大)・太刀岡勇気デンソーアイティーラボラトリ)・上ノ原進吾古家賢一大分大EA2019-13
抄録 (和) 現在,様々な音源分離手法が提案されている.そして,音源分離手法の応用範囲は多岐にわたる.これらの音源分離手法は,利用条件別に劣決定条件(マイク数<音源数)と優決定条件(マイク数$geq$音源数)という2つの条件にわけられる.今回は,同期同時対角化(Synchronized Joint Diagonalization:SJD)による音源分離に着目した.SJDは音源信号の非定常性を活用するブラインド音源分離手法である.複数の時間区間の相関行列の同時対角化を行いつつ,同じ信号源に対する対角化成分を時間的に同期させることで音源分離を達成する.しかしながら,SJDは劣決定条件では性能が劣化する.これは,本来SJDが優決定条件の際に利用できる音源分離手法であるためである.
本稿では,SJDを劣決定条件下で使用することを考え,コサイン類似度を用いたアクティベーション行列Vへの正則化項の導入と初期値付与に関する検討を行った.そして,劣決定条件下での音楽データを用いた音源分離実験により性能を評価した. 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) 同期同時対角化 / SJD / 音源分離 / 正則化 / 劣決定条件 / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 115, EA2019-13, pp. 65-70, 2019年7月.
資料番号 EA2019-13 
発行日 2019-07-09 (EA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EA2019-13

研究会情報
研究会 EA ASJ-H ASJ-AA  
開催期間 2019-07-16 - 2019-07-17 
開催地(和) 札幌市民交流プラザ(札幌市) 
開催地(英) SAPPORO COMMUNITY PLAZA 
テーマ(和) 応用/電気音響,聴覚,建築音響,音響教育,一般 
テーマ(英) Engineering/Electro Acoustics, Psychological and Physiological Acoustics, Architectural Acoustics, Education in Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EA 
会議コード 2019-07-EA-H-AA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 正則化を用いた劣決定条件下での同期同時対角化音源分離 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Sound source separation by synchronized joint diagonalization under underdetermined conditions using regularization 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 同期同時対角化 /  
キーワード(2)(和/英) SJD /  
キーワード(3)(和/英) 音源分離 /  
キーワード(4)(和/英) 正則化 /  
キーワード(5)(和/英) 劣決定条件 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 泉 太貴 / Taiki Izumi / イズミ タイキ
第1著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 太刀岡 勇気 / Yuuki Tachioka / タチオカ ユウキ
第2著者 所属(和/英) デンソーアイティーラボラトリ (略称: デンソーアイティーラボラトリ)
Denso IT Laboratory (略称: Denso IT Laboratory)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上ノ原 進吾 / Shingo Uenohara / ウエノハラ シンゴ
第3著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 古家 賢一 / Ken'ichi Furuya / フルヤ ケンイチ
第4著者 所属(和/英) 大分大学 (略称: 大分大)
Oita University (略称: Oita Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-17 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EA 
資料番号 IEICE-EA2019-13 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.115 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EA-2019-07-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会