電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-12 10:20
[依頼講演]光ファイバ無線技術による通信・ネットワーク制御
東野武史奈良先端大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 光ファイバ無線技術は、無線波の広帯域な伝送路として古くから研究がなされ、実用的には移動通信シス
テムやディジタル放送における電波不感地の対策に用いられている.一方で、複数のセルサイトの電波を容易に1箇
所に集約できように光ファイバ無線リンクをネットワーク化し移動通信のアクセス回線に適用することで、第5世代
移動データ通信システムのモバイルフロントホールにも適用可能であるとする報告がある.本講演では,RoF 技術を
セルラーシステムのアクセスやモバイルフロントホールに適用する際の特徴と,通信及びネットワーク制御機能を付
加した際の効果について述べる. 
(英) The radio on fiber (RoF) technology has been studied and developed since a long time ago. It is mainly
employed for compensating radio dead zone of mobile communication and broadcasting systems. Meanwhile, it is
reported that the RoF is able to apply to mobile fronthaul in the 5th generation mobile communication system
when RoF links configure radio access network for aggregating multiple cell site to one control station. This talk
introduces feature when the RoF technique applied to the access/mobile fronthaul of cellular system, and some
evaluation of new configuration incorporating with communication and network control are shown.
キーワード (和) 光ファイバ無線 / モバイルフロントホール / ネットワーク制御 / / / / /  
(英) Radio on Fiber / mobile fronthaul / network control / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 108, RCS2019-140, pp. 191-191, 2019年7月.
資料番号 RCS2019-140 
発行日 2019-07-03 (RCC, NS, RCS, SR, SeMI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SeMI RCS NS SR RCC  
開催期間 2019-07-10 - 2019-07-12 
開催地(和) I-Siteなんば(大阪) 
開催地(英) I-Site Nanba(Osaka) 
テーマ(和) 特集セッション「AI時代の将来無線に向けた通信・ネットワーク制御」 ,一般 
テーマ(英) Communication and Networked Control for the Future Radio of the AI Age, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-07-SeMI-RCS-NS-SR-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光ファイバ無線技術による通信・ネットワーク制御 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Communication and Network Control using Radio on Fiber Technology 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光ファイバ無線 / Radio on Fiber  
キーワード(2)(和/英) モバイルフロントホール / mobile fronthaul  
キーワード(3)(和/英) ネットワーク制御 / network control  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 東野 武史 / Takeshi Higashino / ヒガシノ タケシ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
NARA Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-12 10:20:00 
発表時間 30 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCC2019-47,IEICE-NS2019-83,IEICE-RCS2019-140,IEICE-SR2019-59,IEICE-SeMI2019-56 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.106(RCC), no.107(NS), no.108(RCS), no.109(SR), no.110(SeMI) 
ページ範囲 p.169(RCC), p.195(NS), p.191(RCS), p.201(SR), p.183(SeMI) 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-RCC-2019-07-03,IEICE-NS-2019-07-03,IEICE-RCS-2019-07-03,IEICE-SR-2019-07-03,IEICE-SeMI-2019-07-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会