電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-11 10:40
[ポスター講演]偏波を用いた28GHz帯OAM-MIMO無線多重による21多重・200Gbps伝送実験
八木康徳笹木裕文山田貴之李 斗煥清水敬司NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線通信の大容量化の手法として,電磁波がもつ軌道角運動量(OAM: Orbital Angular Momentum)の直交性を利用した空間多重伝送方式が注目されている.同心円状に配置した多重円形アレーアンテナ(Multi-UCA: Uniform Circular Array)を用いることで空間多重数を飛躍的に向上することができる.これまでに,送信UCAを2つ用いたOAM-MIMO 多重伝送技術により28 GHz 帯の2 GHz幅を用いた10 mでの伝送実験を実施し,11多重・100 Gbps超 の伝送に成功している.今後さらなる伝送容量の増大には,偏波を用いて空間多重数を倍増させることが考えられる.本稿では,4重のMulti-UCAを用いたOAM-MIMO 多重伝送に偏波多重を併用することで,多重数および伝送容量の向上を図った.さらに伝送実験を行い,21多重・201.5 Gbps伝送に成功し,周波数利用効率100 .75bps/Hzを実現した. 
(英) The orbital angular momentum (OAM) multiplexing has been drawing much attention in wireless transmission systems. The OAM multiplexing is a spatial multiplexing using orthogonality of OAM beams. We generate OAM beams by using uniform circular array (UCA). In our previous works, we reported over 100 Gbps wireless transmission using OAM-MIMO multiplexing by concurrent transmission of 11streams with two transmission UCAs at a distance of 10 m in 28 GHz band. To achieve further capacity increase, we also used the polarization. In particular, we used four UCAs combining OAM-MIMO multiplexing with polarization. Through experiments using the 28 GHz band, wireless transmission of 201.5 Gbps has been achieved with 21 streams simultaneous transmission. Our results have reaches one of the new milestones of achieving a spectral efficiency of 100.75 bps/Hz using quasi-millimeter waves.
キーワード (和) 軌道角運動量 / OAM-MIMO / 偏波多重 / 28GHz帯 / / / /  
(英) Orbital angular momentum / OAM-MIMO / Polarization / 28GHz-Band / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 108, RCS2019-123, pp. 121-122, 2019年7月.
資料番号 RCS2019-123 
発行日 2019-07-03 (RCC, NS, RCS, SR, SeMI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SeMI RCS NS SR RCC  
開催期間 2019-07-10 - 2019-07-12 
開催地(和) I-Siteなんば(大阪) 
開催地(英) I-Site Nanba(Osaka) 
テーマ(和) 特集セッション「AI時代の将来無線に向けた通信・ネットワーク制御」 ,一般 
テーマ(英) Communication and Networked Control for the Future Radio of the AI Age, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-07-SeMI-RCS-NS-SR-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 偏波を用いた28GHz帯OAM-MIMO無線多重による21多重・200Gbps伝送実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Experiment of 200 Gbps, 21 Streams Wireless Transmission Using OAM-MIMO Multiplexing with Polarization in 28 GHz Band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 軌道角運動量 / Orbital angular momentum  
キーワード(2)(和/英) OAM-MIMO / OAM-MIMO  
キーワード(3)(和/英) 偏波多重 / Polarization  
キーワード(4)(和/英) 28GHz帯 / 28GHz-Band  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 八木 康徳 / Yasunori Yagi / ヤギ ヤスノリ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹木 裕文 / Hirofumi Sasaki / ササキ ヒロフミ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 貴之 / Takayuki Yamada / ヤマダ タカユキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 斗煥 / Doohwan Lee / リィ ドゥハン
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 敬司 / Takashi Shimizu / シミズ タカシ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-11 10:40:00 
発表時間 80 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCC2019-30,IEICE-NS2019-66,IEICE-RCS2019-123,IEICE-SR2019-42,IEICE-SeMI2019-39 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.106(RCC), no.107(NS), no.108(RCS), no.109(SR), no.110(SeMI) 
ページ範囲 pp.99-100(RCC), pp.125-126(NS), pp.121-122(RCS), pp.131-132(SR), pp.113-114(SeMI) 
ページ数 IEICE-2 
発行日 IEICE-RCC-2019-07-03,IEICE-NS-2019-07-03,IEICE-RCS-2019-07-03,IEICE-SR-2019-07-03,IEICE-SeMI-2019-07-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会