電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-11 10:00
低 SHF 帯C-RAN Massive MIMO システムを用いた端末移動環境における下りマルチユーザMIMO 特性評価
ジャン イー泉井康平山崎健一郎NEC)・奥山達樹村岡一志増野 淳須山 聡奥村幸彦NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 5Gの大容量化を実現する技術として、我々は、早期実用化の見込まれる低SHF帯におけるMassive MIMO技術に着目し、これまで100MHz帯域幅の低SHF帯C-RAN Massive MIMOシステムの開発と基本特性について報告している。
本稿では、開発したC-RAN Massive MIMOシステムを用いた屋内外端末移動環境における下りマルチユーザMIMO特性、及び屋内環境での複数アクセスポイント間協調特性について報告する。 
(英) In order to tackle rapid increase of data traffic and diversification of mobile service, 5G wireless access system introduces Massive MIMO transmission as one of key technologies for realizing capacity enhancement and low power consumption. We developed 100MHz band width massive element antenna and studied spectrum efficiency enhancement by spatial multiplexing to realize Massive MIMO transmission in Low-SHF-band which is expected to be applied for 5G commercial bands relatively early. In this paper, we first evaluated the performance of downlink (DL) multi-user (MU)-MIMO in both indoor and outdoor mobility environments. Then we evaluated the performance of Inter-Access Point (AP) Coordinated Beamforming (CB) with up to 15 UE in indoor environment.
キーワード (和) 5G / 低SHF帯 / Massive MIMO / 超多素子アンテナ / MU-MIMO / Beam-forming / Inter-AP Coordination /  
(英) 5G / Low-SHF-Band / Massive MIMO / MU-MIMO / Beam-forming / Inter-AP Coordination / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 108, RCS2019-111, pp. 57-62, 2019年7月.
資料番号 RCS2019-111 
発行日 2019-07-03 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SeMI RCS NS SR RCC  
開催期間 2019-07-10 - 2019-07-12 
開催地(和) I-Siteなんば(大阪) 
開催地(英) I-Site Nanba(Osaka) 
テーマ(和) 特集セッション「AI時代の将来無線に向けた通信・ネットワーク制御」 ,一般 
テーマ(英) Communication and Networked Control for the Future Radio of the AI Age, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2019-07-SeMI-RCS-NS-SR-RCC 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 低 SHF 帯C-RAN Massive MIMO システムを用いた端末移動環境における下りマルチユーザMIMO 特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Downlink Multi-user MIMO with Moving User Equipment using Low-SHF-Band C-RAN Massive MIMO System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) 低SHF帯 / Low-SHF-Band  
キーワード(3)(和/英) Massive MIMO / Massive MIMO  
キーワード(4)(和/英) 超多素子アンテナ / MU-MIMO  
キーワード(5)(和/英) MU-MIMO / Beam-forming  
キーワード(6)(和/英) Beam-forming / Inter-AP Coordination  
キーワード(7)(和/英) Inter-AP Coordination /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ジャン イー / Jiang Yi /
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 泉井 康平 / Kohei Izui /
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山崎 健一郎 / Kenichiro Yamazaki /
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥山 達樹 / Tatsuki Okuyama /
第4著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO, INC.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 村岡 一志 / Kazushi Muraoka /
第5著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO, INC.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 増野 淳 / Jun Mashino /
第6著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO, INC.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 須山 聡 / Satoshi Suyama /
第7著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO, INC.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥村 幸彦 / Yukihiko Okumura /
第8著者 所属(和/英) 株式会社NTTドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC. (略称: NTT DOCOMO, INC.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-11 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2019-111 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.108 
ページ範囲 pp.57-62 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2019-07-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会