お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-11 15:55
複数アプリケーションに対する品質最適化のための品質制御モデル作成方式の提案
丹治直幸中村瑞人高田 篤関 登志彦山越恭子NTTICM2019-11
抄録 (和) ネットワークサービス提供者は高品質なサービスを提供し続けるために,サービス状況の監視や解析・復旧を行うサービス保守業務を行っている.IP技術の進展に伴い,単一の装置・ネットワーク上に複数のアプリケーション(アプリ)の通信が重畳されているため,装置を監視・復旧する従来のオペレーションでは,アプリ個々の品質を保つことが困難となってきている.そのため,装置の状態ではなく,ユーザ体感品質(QoE)やネットワーク品質(QoS)などの指標をサービスの状態から測定/推定することで保つべき品質を明確化する取り組みがある.しかし,ユーザは一般的に複数のアプリ(オンラインゲームと通話など)を同時に利用するため,個々のサービス状態だけでなく,ユーザの状態を把握しなければユーザの求めるQoE/QoSを提供することは難しい.
本稿では,ネットワークサービス提供者の観点から制御可能なパラメータとユーザの状態である複数アプリのQoS/QoEの関係を表現したサービス品質制御モデルの作成方式を提案,評価する. 
(英) Telecommunications carriers are engaged in service maintenance to provide high quality services. There are researches to clarify the quality to be maintained by measuring / estimating the user experience quality (QoE), network quality (QoS) and other indicators from the service status. However, since users generally use multiple applications simultaneously, it is difficult to provide QoE / QoS required by users if they do not understand not only individual service status but also user status.
In this paper, we propose and evaluate a method of creating a service quality control model that expresses the relationship between the QoS / QoE of multiple applications that are the user's state and the controllable parameters by telecommunications carriers.
キーワード (和) サービス品質 / QoS / QoE / サービス監視 / 品質制御 / オペレーション / /  
(英) Service Quality / QoS / QoE / Service Management / quality control / operation / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 111, ICM2019-11, pp. 31-36, 2019年7月.
資料番号 ICM2019-11 
発行日 2019-07-04 (ICM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2019-11

研究会情報
研究会 ICM  
開催期間 2019-07-11 - 2019-07-12 
開催地(和) 旭川市国際会議場 
開催地(英)  
テーマ(和) 管理機能,理論・運用方法論,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2019-07-ICM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数アプリケーションに対する品質最適化のための品質制御モデル作成方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Service Quality Model Creation Method for Quality Optimization for Multiple Service 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) サービス品質 / Service Quality  
キーワード(2)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(3)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(4)(和/英) サービス監視 / Service Management  
キーワード(5)(和/英) 品質制御 / quality control  
キーワード(6)(和/英) オペレーション / operation  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 丹治 直幸 / Naoyuki Tanji / タンジ ナオユキ
第1著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 瑞人 / Mizuto Nakamura / ナカムラ ミズト
第2著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 篤 / Atsushi Takada / タカダ アツシ
第3著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 関 登志彦 / Toshihiko Seki / セキ トシヒコ
第4著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 山越 恭子 / Kyoko Yamagoe / ヤマゴエ キョウコ
第5著者 所属(和/英) NTT (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-11 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2019-11 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.111 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2019-07-04 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会