お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-11 09:35
Duty Cycle のARモデル化に関する一検討
大川航平岩田大輝梅林健太東京農工大)・Janne Lehtomäkiオウル大)・Miguel López-Benítezリヴァプール大)・Satya Joshiオウル大SR2019-29
抄録 (和) 動的な周波数共用では,周波数利用に関する統計情報の活用が有用とされている.
本稿では,時間軸方向の周波数利用率に相当する,Duty Cycle (DC) を予測するために自己回帰(Auto-Regressive: AR) モデル化について検討する.
DC の実測値は,従来のAR モデルでは表現が困難な挙動(平均値の時間変動,時間相関が低い時間帯の存在) が存在する.
そのため,これらの特徴を考慮したAR モデルによるDC のモデル化を行う.
具体的には,閾値処理を用いてDC の状態(高いor 低い) を分類し,各状態に対してAR モデル化を行う.
また,移動平均処理によるDC平均値の推定により,平均値の時間変動を考慮する.
DC の実測値を用いた検証から,DC の観測周期が十分に長い場合において提案モデルは十分な予測精度を達成できることを示す. 
(英) In dynamic spectrum sharing, it is useful to exploit statistical information on spectrum usage.
In this paper, we investigate an AR (Auto-Regressive) modeling to predict DC (Duty Cycle) which is spectrum occupancy rate over time axis.
Real DC measurements show behavior that is hard for the typical AR model to express such as a time-varying characteristic of mean DC and existence of time period with low-correlation.
To overcome the behavior, we propose a DC model based on AR model considering these behavior.
Specifically, the proposed model classifies the states of DC value (high or low) exploiting thresholding process and models the DC based on AR model each state.
We also consider the time-varying characteristic of mean DC by means of estimation of mean DC by sliding window process.
Several verifications based on real DC measurements show the proposed model can attain high enough prediction accuracy in case of long enough observation period of DC.
キーワード (和) コグニティブ無線 / ダイナミックスペクトラムアクセス / スマートスペクトラムアクセス / 周波数利用率 / 自己回帰モデル / / /  
(英) Cognitive radio / dynamic spectrum access / smart spectrum access / duty cycle / auto-regressive model / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 109, SR2019-29, pp. 59-64, 2019年7月.
資料番号 SR2019-29 
発行日 2019-07-03 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SR2019-29

研究会情報
研究会 SeMI RCS NS SR RCC  
開催期間 2019-07-10 - 2019-07-12 
開催地(和) I-Siteなんば(大阪) 
開催地(英) I-Site Nanba(Osaka) 
テーマ(和) 特集セッション「AI時代の将来無線に向けた通信・ネットワーク制御」 ,一般 
テーマ(英) Communication and Networked Control for the Future Radio of the AI Age, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2019-07-SeMI-RCS-NS-SR-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Duty Cycle のARモデル化に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on Auto-Regressive modeling of Duty Cycle 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive radio  
キーワード(2)(和/英) ダイナミックスペクトラムアクセス / dynamic spectrum access  
キーワード(3)(和/英) スマートスペクトラムアクセス / smart spectrum access  
キーワード(4)(和/英) 周波数利用率 / duty cycle  
キーワード(5)(和/英) 自己回帰モデル / auto-regressive model  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大川 航平 / Kohei Okawa / オオカワ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agriculture and Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩田 大輝 / Hiroki Iwata / イワタ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agriculture and Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅林 健太 / Kenta Umebayashi / ウメバヤシ ケンタ
第3著者 所属(和/英) 東京農工大学 (略称: 東京農工大)
Tokyo University of Agriculture and Technology (略称: Tokyo Univ. of Agriculture and Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Janne Lehtomäki / Janne Lehtomäki /
第4著者 所属(和/英) オウル大学 (略称: オウル大)
University of Oulu (略称: Univ. of Oulu)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Miguel López-Benítez / Miguel López-Benítez /
第5著者 所属(和/英) リヴァプール大学 (略称: リヴァプール大)
University of Liverpool (略称: Univ. of Liver)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) Satya Joshi / Satya Joshi /
第6著者 所属(和/英) オウル大学 (略称: オウル大)
University of Oulu (略称: Univ. of Oulu)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-11 09:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2019-29 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.109 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SR-2019-07-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会