電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-10 11:10
無線アクセスバックホール統合伝送を用いたセルラシステムにおけるDynamic Full-duplexの特性評価
寺前亨哉水谷圭一松村 武原田博司京大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 車とモノとの通信 (V2X, Vehicle-to-everything) による交通システムの高度化への期待が高まるなか,3GPP (3rd Generation Partnership Project) においてもIAB (Integrated Access and Backhaul) の検討が進められている.IABは,車を中継局 (Node) とみなし,車載機器や周辺機器からAL (Access Link) を用いて収集したデータをBL (Backhaul Link) を通してコアネットワークに接続された基地局 (Donor) に送信するシステムなどを目的とした新規技術である.本稿では,BL通信のサブフレームに帯域内全二重通信 (IBFD, In-Band Full-Duplex) を動的に適用し,新たにAL通信を追加するDDC (Dynamic-Duplex Cellular)-IAB システムを提案する.また,マルチセル環境を想定したDense Urban シナリオに基づきシステムレベルシミュレーションを行い,提案DDC-IABシステムによってAL通信のユーザ体感スループット (UPT, User Perceived Throughput) を向上できることを示す. 
(英) Along with the increasing demands on V2X (Vehicle-to-everything) communication systems, an IAB (Integrated Access and Backhaul)-based new cellular system has been studied in 3GPP. In the IAB-based system, a car regarded as a relay node collects data from in-vehicle and peripheral devices via AL (Access Link) and transmits them to Donor (i.e., base station) via BL (Backhaul Link). In this paper, we propose a DDC (Dynamic full-Duplex Cellular)-IAB system that dynamically assigns AL communication to BL subframes at the same frequency without degrading existing BL communication quality. We also evaluate performance of the proposed DDC-IAB system in a multi-cell environment under a dense urban scenario by system level simulation and demonstrate the potential of the improvement of spectral efficiency.
キーワード (和) 帯域内全二重通信 / Dynamic-duplexセルラシステム / 無線アクセスバックホール統合伝送 / 第5世代移動通信システム / Beyond 5G / / /  
(英) In-band full-duplex (IBFD) / Dynamic-duplex cellular / Integrated Access and Backhaul / 5G / Beyond 5G / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 109, SR2019-21, pp. 9-16, 2019年7月.
資料番号 SR2019-21 
発行日 2019-07-03 (SR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SeMI RCS NS SR RCC  
開催期間 2019-07-10 - 2019-07-12 
開催地(和) I-Siteなんば(大阪) 
開催地(英) I-Site Nanba(Osaka) 
テーマ(和) 特集セッション「AI時代の将来無線に向けた通信・ネットワーク制御」 ,一般 
テーマ(英) Communication and Networked Control for the Future Radio of the AI Age, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2019-07-SeMI-RCS-NS-SR-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線アクセスバックホール統合伝送を用いたセルラシステムにおけるDynamic Full-duplexの特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Integrated Access and Backhaul-based Cellular System with Dynamic Full-duplex 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 帯域内全二重通信 / In-band full-duplex (IBFD)  
キーワード(2)(和/英) Dynamic-duplexセルラシステム / Dynamic-duplex cellular  
キーワード(3)(和/英) 無線アクセスバックホール統合伝送 / Integrated Access and Backhaul  
キーワード(4)(和/英) 第5世代移動通信システム / 5G  
キーワード(5)(和/英) Beyond 5G / Beyond 5G  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺前 亨哉 / Kyoya Teramae / テラマエ キョウヤ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 水谷 圭一 / Keiichi Mizutani / ミズタニ ケイイチ
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 武 / Takeshi Matsumura / マツムラ タケシ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 博司 / Hiroshi Harada / ハラダ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-10 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-SR2019-21 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.109 
ページ範囲 pp.9-16 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-SR-2019-07-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会