電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-10 16:10
上り回線グラントフリー非直交多元接続のためのブースト近似メッセージ伝播法
原 郁紀石橋功至電通大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,グラントフリー非直交多元接続(GF-NOMA: Grant-Free Non-Orthogonal Multiple Access)におけるアクティブユーザ検出,伝播路推定,およびマルチユーザ検出を低計算量で行う手法を提案する.従来手法では,データシンボルも含めた送信フレームの復元をブロックスパース性を含んだ単一ベクトルの再構成問題として扱い,ブロックスパース性を用いた適応部分空間追跡(BSASP: Block Sparsity Adaptive Subspace Pursuit)による一括再構成によって,優れた特性を達成するものの,一括再構成による指数オーダの高い計算量が問題となる.そこで,複数の観測ベクトルとランダムなベクトルを乗算することで単一ベクトルの再構成問題へ変換するとともに,近似メッセージ伝播法を繰り返し用いるブースト近似メッセージ伝播法(Boosted Approximate Message Passing)を提案し,これに基づく低演算GF-NOMAを提案する.計算機シミュレーションによって,提案手法が計算量を抑えながら従来手法と同程度の再構成特性を達成することを明らかにする. 
(英) In this paper, we propose low complexity active user detection (AUD), channel estimation (CE), and multiuser detection (MUD) for the grant-free non-orthogonal multiple access (GF-NOMA). Conventional scheme performs AUD, CE, and MUD by dealing with the reconstruction of a single block-sparse vector. Although this conventional approach exhibits the superior performance based on block sparsity adaptive subspace pursuit (BSASP), its computational complexity is significantly high. We hence propose boosted approximate message passing (AMP) which converts multiple measurement vector reconstruction into single sparse vector reconstruction by multiplying random vectors and further propose low-complexity GF-NOMA based on our boosted AMP.
キーワード (和) グラントフリー非直交多元接続 / アクティブユーザ検出 / 圧縮センシング / 近似メッセージ伝播法 / / / /  
(英) Grant-free non-orthogonal multiple access / active user detection / compressed sensing / approximate message passing / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 109, SR2019-26, pp. 43-48, 2019年7月.
資料番号 SR2019-26 
発行日 2019-07-03 (RCC, NS, RCS, SR, SeMI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SeMI RCS NS SR RCC  
開催期間 2019-07-10 - 2019-07-12 
開催地(和) I-Siteなんば(大阪) 
開催地(英) I-Site Nanba(Osaka) 
テーマ(和) 特集セッション「AI時代の将来無線に向けた通信・ネットワーク制御」 ,一般 
テーマ(英) Communication and Networked Control for the Future Radio of the AI Age, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SR 
会議コード 2019-07-SeMI-RCS-NS-SR-RCC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 上り回線グラントフリー非直交多元接続のためのブースト近似メッセージ伝播法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Boosted Approximate Message Passing for Uplink Grant-Free Non-Orthogonal Multiple Access 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) グラントフリー非直交多元接続 / Grant-free non-orthogonal multiple access  
キーワード(2)(和/英) アクティブユーザ検出 / active user detection  
キーワード(3)(和/英) 圧縮センシング / compressed sensing  
キーワード(4)(和/英) 近似メッセージ伝播法 / approximate message passing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 郁紀 / Takanori Hara / ハラ タカノリ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The Univ. of Electro-Communications)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 功至 / Koji Ishibashi / イシバシ コウジ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: The Univ. of Electro-Communications)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-10 16:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SR 
資料番号 IEICE-RCC2019-17,IEICE-NS2019-50,IEICE-RCS2019-107,IEICE-SR2019-26,IEICE-SeMI2019-26 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.106(RCC), no.107(NS), no.108(RCS), no.109(SR), no.110(SeMI) 
ページ範囲 pp.33-38(RCC), pp.43-48(NS), pp.37-42(RCS), pp.43-48(SR), pp.47-52(SeMI) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCC-2019-07-03,IEICE-NS-2019-07-03,IEICE-RCS-2019-07-03,IEICE-SR-2019-07-03,IEICE-SeMI-2019-07-03 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会