電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-05 13:55
EMアルゴリズムによる経路別旅行時間と交通量の推定 ~ 複数経路の旅行時間と交通量の同時推定 ~
鳥丸聖也横田孝義鳥取大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文ではEMアルゴリズムを用いた複数の経路別旅行時間と交通量の推定を行う.
実際のETC情報を取得するのは困難なため,本研究では
交通シミュレータSUMOを用いて旅行時間を取得する.
まず,シミュレーションの設定として,
1つのOD間において2経路に分岐する場合と3経路に分岐する場合の
距離や各経路に対する自動車の走行台数について複数のケースを考える.
続いて,シミュレーションより取得した旅行時間からEMアルゴリズムを用いて
経路毎の旅行時間分布を推定する.推定した分布ととシミュレーションにより
得られた分布を比較し,推定結果を評価する.さらに経路毎の旅行時間の差が小さい場合の同様の評価を行う.最後に,より高い精度での推定を行うための課題を述べる. 
(英) This paper describes a method for estimating multiple routes travel time
and traffic volumes by using EM algorithm.
Since, it is difficult to obtain actual ETC data, in this study, travel time data is generated by using the traffic simulator SUMO.
The simulation setting includes a case in which single path is branched into two paths with one OD and a case which have three paths with one OD and the number of traveling vehicles for each path is different.
For these simulated travel time data, estimation of travel time distribution for each route
using EM algorithm is conducted.
The estimated travel time distribution and
the original distribution of the simulation are compared, and the accuracy of the estimation algorithm is discussed.
キーワード (和) EMアルゴリズム / 最尤推定 / 旅行時間 / 交通量 / ETC / プローブカー / /  
(英) EM algorithm / Maximum likelihood estimation / Travel time / Traffic volume / ETC / Probe car / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 102, ITS2019-3, pp. 13-20, 2019年7月.
資料番号 ITS2019-3 
発行日 2019-06-28 (ITS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS  
開催期間 2019-07-05 - 2019-07-05 
開催地(和) 機械振興会館(東京) 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) ITSポジショニング,一般 
テーマ(英) Positioning for ITS, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2019-07-ITS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) EMアルゴリズムによる経路別旅行時間と交通量の推定 
サブタイトル(和) 複数経路の旅行時間と交通量の同時推定 
タイトル(英) Travel Time and Flow Estimation for Multiple Routes based on EM Algorithm 
サブタイトル(英) Multiple Route Travel Time and Flow Estimation 
キーワード(1)(和/英) EMアルゴリズム / EM algorithm  
キーワード(2)(和/英) 最尤推定 / Maximum likelihood estimation  
キーワード(3)(和/英) 旅行時間 / Travel time  
キーワード(4)(和/英) 交通量 / Traffic volume  
キーワード(5)(和/英) ETC / ETC  
キーワード(6)(和/英) プローブカー / Probe car  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鳥丸 聖也 / Seiya Torimaru / トリマル セイヤ
第1著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 孝義 / Takayoshi Yokota / ヨコタ タカヨシ
第2著者 所属(和/英) 鳥取大学 (略称: 鳥取大)
Tottori University (略称: Tottori Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-05 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2019-3 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.102 
ページ範囲 pp.13-20 
ページ数 IEICE-8 
発行日 IEICE-ITS-2019-06-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会