電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-07-04 14:20
[招待講演]非持続型CSMAにおける成功優先ビジー倍増バックオフアルゴリズムの解析と設計
梅原大祐京都工繊大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,非持続型CSMA (Non-persistent Carrier-Sense Multiple Access)に対して,急速に変動するアクティブノード数に応じて自律分散的に適応可能な成功優先ビジー倍増バックオフアルゴリズムを提案する.提案バックオフアルゴリズムの性能解析モデルを提示し,ネットワークスループットとノード消費電流を定式化する.数値解析と計算機シミュレーションにより,提案バックオフアルゴリズムが広範なアクティブノード数に対して高いスループットとエネルギー効率を与えることを明らかにする. 
(英) In this manuscript, we develop a success prioritized busy doubled backoff algorithm for non-persistent carrier sense multiple access (NP-CSMA) and it is adapted autonomously for the number of active nodes which fluctuates rapidly. We also present a performance analysis model of the proposed backoff algorithm and formulate the network throughput and the per-node consumed current. The numerical analysis and computer simulations show that the developed backoff algorithm achieves high throughput and energy efficiency for a wide range of the number of active nodes.
キーワード (和) 非持続型CSMA / スリープ機能 / 成功優先ビジー倍増バックオフアルゴリズム / 成功送信確率 / コンテンションウィンドウ / スループット / 消費電流 /  
(英) non-persistent CSMA / sleep function / success prioritized busy doubled backoff algorithm / success transmit probability / contention window / throughput / consumed current /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 101, CS2019-36, pp. 101-106, 2019年7月.
資料番号 CS2019-36 
発行日 2019-06-27 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CS  
開催期間 2019-07-04 - 2019-07-05 
開催地(和) 奄美市福祉協議会 奄美市社会福祉センター 
開催地(英) Amami City Social Welfare Center 
テーマ(和) 次世代ネットワーク,アクセスネットワーク,ブロードバンドアクセス方式,電力線通信,無線通信方式,符号化方式,一般 
テーマ(英) Next Generation Networks, Access Networks, Broadband Access, Power Line Communications, Wireless Communication Systems, Coding Systems, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2019-07-CS 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 非持続型CSMAにおける成功優先ビジー倍増バックオフアルゴリズムの解析と設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design and Analysis of Success Prioritized Busy Doubled Backoff Algorithm for Non-persistent CSMA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 非持続型CSMA / non-persistent CSMA  
キーワード(2)(和/英) スリープ機能 / sleep function  
キーワード(3)(和/英) 成功優先ビジー倍増バックオフアルゴリズム / success prioritized busy doubled backoff algorithm  
キーワード(4)(和/英) 成功送信確率 / success transmit probability  
キーワード(5)(和/英) コンテンションウィンドウ / contention window  
キーワード(6)(和/英) スループット / throughput  
キーワード(7)(和/英) 消費電流 / consumed current  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅原 大祐 / Daisuke Umehara / ウメハラ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-07-04 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2019-36 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.101 
ページ範囲 pp.101-106 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2019-06-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会