電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2019-06-21 09:55
伝送ペナルティとEDFA過渡応答を考慮した長距離バースト伝送品質評価
益本佳奈中川雅弘松田俊哉恩田英俊松村和之NTTPN2019-9
抄録 (和) 我々は,メトロ網の低コスト化・省電力化に向けて光TDM技術適用した光集線ネットワークの検討を進めている.本ネットワーク実現に向けてはEDFAにおける過渡応答の影響を回避可能なバースト光増幅中継技術検討が不可欠である.これまでに過渡応答抑圧が可能な技術であるクランプ光方式の提案がされており,アクセス網での有効性が示されている.主信号であるバースト信号に対してクランプ光パワーを十分に大きくすることによって過渡応答をほぼ完全に抑圧するためにはことが知られているが,メトロ網においては,高出力クランプ光パワーによる伝送ペナルティが発生すると考えられる.本稿では,長距離バースト伝送においてクランプ光パワーが過渡応答とその他伝送ペナルティに与える影響を実験的に評価した.さらに,商用環境下のSMFにてバースト光伝送実験のエラーフリー伝送を達成した. 
(英) We are investigating the optical-TDM aggregation network for realizing cost- and energy-efficient metro networks. In such a network, the optical burst-mode amplifying technology must be required to avoid the impact of overshoot caused by transient response in EDFA. So far, a gain-clamping method that can suppress the transient response has been proposed and demonstrated in access networks. It has been clarified that much higher-power gain-clamping signal can completely suppress the transient response, however, such high-power signal can cause another transmission penalty in metro networks. In this paper, we experimentally evaluate the impact of gain-clamping signal not only on transient response but also on another transmission penalty. Moreover, error-free optical burst transmission is successfully demonstrated even over field-installed aged single mode fiber.
キーワード (和) 光TDM / バースト光伝送 / バースト光増幅 / EDFA / 過渡応答 / / /  
(英) Optical TDM / Busrt optical signal transmission / Burst optical amplifier / EDFA / transient response / / /  
文献情報 信学技報, vol. 119, no. 94, PN2019-9, pp. 13-18, 2019年6月.
資料番号 PN2019-9 
発行日 2019-06-13 (PN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2019-9

研究会情報
研究会 OCS PN NS  
開催期間 2019-06-20 - 2019-06-21 
開催地(和) MALIOS(盛岡) 
開催地(英) MALIOS(Morioka) 
テーマ(和) フォトニックネットワーク・システム,光ネットワーク運用管理,光ネットワーク設計,トラヒックエンジニアリング,シグナリング,GMPLS,ドメイン間経路制御,ネットワーク監視,光増幅器・光中継装置,光/電気クロスコネクト・OADM,光/電気多重・分離,光送受信機,光端局装置,ディジタル信号処理・誤り訂正,光通信計測,データコム用光通信機器,コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網(OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,一般 
テーマ(英) Photonic network system, Optical network operation and administration, Optical network design, Traffic engineering, Signaling, GMPLS, Inter-domain route control, Network monitoring, Optical amplifier and Optical repeater, Optical crossconect (OXC) and Optical add/drop multiplexer (OADM), Optical multiplexing/demultiplexing equipment, Optical signal processing, Optical terminal equipment, Digital signal processing and error correction, Optical communication measurement, Core/metro system, Seafloor transmission system, Optical access system and NG-PON, Ethernet, Optical transport network (OTN), Transmission monitoring and control, Optical transmission system design and tool, Mobile and Mobile-optical cooperation, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2019-06-OCS-PN-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 伝送ペナルティとEDFA過渡応答を考慮した長距離バースト伝送品質評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Evaluation of long distance optical burst-mode transmission quality considering EDFA transient response and transmission penalty 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光TDM / Optical TDM  
キーワード(2)(和/英) バースト光伝送 / Busrt optical signal transmission  
キーワード(3)(和/英) バースト光増幅 / Burst optical amplifier  
キーワード(4)(和/英) EDFA / EDFA  
キーワード(5)(和/英) 過渡応答 / transient response  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 益本 佳奈 / Kana Masumoto / マスモト カナ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 雅弘 / Masahiro Nakagawa / ナカガワ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 俊哉 / Toshiya Matsuda / マツダ トシヤ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 恩田 英俊 / Hidetoshi Onda / オンダ ヒデトシ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 和之 / Kazuyuki Matsumura / マツムラ カズユキ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NIPPON TELEGRAPH AND TELEPHONE CORPORATION (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2019-06-21 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2019-9 
巻番号(vol) IEICE-119 
号番号(no) no.94 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2019-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会